TBSドラマ「赤めだか」は立川談春の名作エッセイが原作 たけしが談志を演じる!

スポンサードリンク

TBSドラマ「下町ロケット」での殿村部長役の好演により、落語家・立川談春に興味を持った方も多いと思います。TBSはその流れをふまえているのか、立川談春の自伝エッセイ「赤めだか」を映像化した特別ドラマを2015年12月28日(月)午後9時から放送します。

「今、最もチケットが取れない落語家」として知られる談春の修業時代が描かれ、なおかつ師匠の談志役をビートたけしが演じるとなれば、話題になることは間違いないでしょう。

名エッセイ「赤めだか」が原作

▼読んだ人が口々に「とにかく文章が上手い」「引き込まれる」と絶賛。読めば談春の本当の魅力がわかる?

ドラマの原作「赤めだか」は、破天荒な師匠・立川談志のもとに弟子入りした立川談春の、若かりし前座修業時代を綴った自伝的エッセイです。厳しくも楽しい下積み時代を、師匠と落語界への愛にあふれた流麗な文体で綴った名エッセイとして知られます。

談志はビートたけし、談春は二宮和也

ドラマ版「赤めだか」は、このエッセイを原作とした「落語青春グラフィティ」です。

何といっても師匠・立川談志役を演じるビートたけし、それに主役の談春役を演じる二宮和也の演技、やり取りに注目が集まります。

中学の芸能鑑賞会で立川談志の落語と出会ってしまった談春は、高校をやめて談志に弟子入りしたいと考え、家出をしてまで立川流の門を叩きます。そこで待っていたのは、「絶対的存在」である談志から言いつけられる雑用や無理難題の数々と、個性的な兄弟子たち、そして次々に事件がわき起こる可笑しくもハチャメチャな日々。

弟子入りしたからといって落語の稽古をつけてもらえるわけでもなく、ただ雑用に追われる日々に疑問を感じた談春は、やがて実力で「二ツ目」(真打ちの下の身分)になれば現状を脱出できることを知り、俄然根多(ネタ)覚えに没頭していくようになります。

豪華出演陣 本人役での出演も

ドラマには、立川志の輔(香川照之)、志らく(濱田岳)、談々(北村有起哉)、関西(宮川大輔)、ダンボール(新井浩文) といった個性的な弟子仲間の面々に加え、高田文夫役のラサール石井、寿司屋の大将役のさだまさし、それに春風亭昇太、春風亭小朝、三遊亭円楽、中村勘九郎らが次々に登場。

年末の「特別ドラマ」ならではの豪華な出演者が揃いました。

ダンカンと談志のエピソードも

加えて、現在は「ダンカン」として活動している立川談かん(柄本時生)が「たけし師匠のところに行きたい」と談志(ビートたけし)に直訴するシーンなども交え、実際に談志と交流があったビートたけしが演じるからこその、「新しい立川談志像」が描かれます。

また、主人公のモデルとなる立川談春は「下町ロケット」の演技で見せた愚直で誠実な印象とは違い、本人は勝ち気で強い心を持った人物として知られます。わざわざ厳しく気難しい談志に弟子入りするという尖った一面を持つ談春を、二宮和也がどう演じるのかもドラマの楽しみのひとつです。

▼こちらは発売されたばかりの文庫版「赤めだか」。

関連記事
【TBS・下町ロケット】殿村直弘を演じる落語家・立川談春

スポンサードリンク

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

PAGE TOP ↑