「あまちゃん」第一週あらすじ要点まとめ 北三陸にやってきた理由 夏、ユイとの初対面

スポンサードリンク

NHK連続テレビ小説「あまちゃん」第一週のあらすじ、要点を項目ごとにまとめます。第一週はヒロイン・アキが北三陸へやってきた理由、祖母や後に親友になるユイとの出会いなどが描かれ、今後物語を見ていく上で重要な要素が散りばめられています。

24年ぶりの帰郷

物語は2008年の夏、東京に住む天野春子(小泉今日子)、アキ(能年玲奈)母娘が岩手・北三陸にやってくるところから始まります。

北三陸・袖が浜は母・春子の生まれ故郷ですが、24年前にある事情により家出同然に東京に飛び出して以来、一度も帰郷していません。東京で生まれ育ったアキも当然、母の生まれ故郷を初めて訪ねたことになります。初めて見る北三陸の風景と聞き慣れない言葉の新鮮さに、アキはすっかり魅了されてます。

母危篤…大吉の嘘メール

長年音信不通だった春子が慌てて北三陸へ帰って来たのは、春子の幼馴染み・大吉(杉本哲太)が春子の母・夏(宮本信子)が危篤だというメールを送って来たからです。しかし、このメールはまったくの嘘であり、夏は元気そのもの。どうやら海女である夏が引退宣言をしたことで生じた観光海女の後継者問題を解決しようと、大吉が画策したらしいことが判明します。

大吉は北三陸駅の駅長であり、町おこしに躍起になっている身。家出前の若かりし頃に海女になることを期待されていた春子に、夏の跡を継がせようと考えたのです。実は大吉は昔から春子に片思いをしており、個人的な感情も含みつつの嘘メール送信でした。

春子はその事実を知るとすぐにアキを連れて東京へ帰ろうとしますが、アキはこの土地を気に入ったのか、ここに残りたいと言い出します。

母との再会、祖母との初対面

大吉に「騙されて」北三陸へ帰ってきた春子は、24年ぶりに再会した母・夏とギクシャクした関係のまま。物語が進んでいくと徐々に明かされていくのですが、その昔、二人の間には信頼関係が崩れる決定的な出来事がありました。その出来事が春子の人生、そして今後の「あまちゃん」の物語を大きく動かしていくことになります。

そんな母と祖母の確執の詳細を知る由もないアキは、初めて対面した祖母・夏の凛々しさにすぐに惹かれていきます。夏は海女業、ウニ丼の販売、そして喫茶店、スナックを経営する働き者。東京の高校でまったく馴染めず暗い日々を送っていた(しかもそれが原因で両親の夫婦仲にも亀裂が生じていた)アキにとって、生き生きと海女漁を行う夏の姿は、とても格好が良く見えたのです。

ウニ丼販売、親友との出会い

すっかり夏になついたアキは、夏がつくっている駅弁・ウニ丼の車内販売を手伝うことになります。その汽車の中で見かけたのが、同じ高校二年生でありながら独特の雰囲気を持つ足立ユイ(橋本愛)でした。アキは美しくも憂いのあるユイに一目惚れ(?)をしてしまいます。なお、アキとユイが本格的に会話を交わすようになるのは第二週以降で、後に二人はかけがえのない親友になっていきます。

海女になりたい!初めて自発的になるアキ

第一週では、アキが「海に飛び込む」名シーンが二回あります。

ひとつは、夏によって海に突き落とされるシーン。
「あれこれ考えるより、まずやってみろ!」
それは、何かとウジウジと考え込んでしまう孫の姿を見た、夏なりの無言のメッセージでもありました。

そしてもうひとつ。第一週の後半に、今度はアキ自身が海に飛び込みます。この行動によって漁港中にサイレンが響き渡り大騒動となるのですが、東京で何一つ自発的な行動をしたことがなかったアキが、初めて自分の足で一歩を踏み出した瞬間でもありました。

「わたし、海女になりたい!」

そう宣言するアキに袖が浜の人々は喜びますが、春子は当然のごとく大反対。海女になることを強いられた自らの若き日のことを話し始めます。

関連記事
「あまちゃん」再放送が決定!BSプレミアムで4月6日から毎朝放送
「まれ」は「あまちゃん」に似ている?共通点を挙げてみた
天野家・家族構成「あまちゃん」を初回から楽しむための基礎知識
「あまちゃん」モデル・ロケ地 久慈市小袖海岸の海女とは?
「あまちゃん」ブレイク直前の東出昌大は、若き日の車掌・大吉役で出演
【あまちゃん】海が見渡せる北鉄「袖が浜駅」は三陸鉄道「堀内駅」がロケ地

スポンサードリンク

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

PAGE TOP ↑