天野家・家族構成「あまちゃん」を初回から楽しむための基礎知識

スポンサードリンク

2015年4月6日(月)より半年間、BSプレミアムにて毎朝(月曜〜土曜)7:15〜7:30まで、「あまちゃん」が再放送されます。

そこでこの記事では、NHK連続テレビ小説「あまちゃん」の主人公、天野アキ(能年玲奈)の家族構成についてまとめておきます。初回から見るにあたっては、以下の要領を覚えておけば物語に入っていきやすいでしょう。

なおアキはドラマ上やクレジット上は「天野アキ」を名乗っていますが、物語が始まった時点での本名は「黒川秋」です。

両親はまだ正式に離婚はしていないものの、父と別居に至った母の意志をくんで、父方の「黒川」姓ではなく母方の「天野」姓を名乗っているという事情があります。クレジット等で片仮名で「アキ」と表記されるのは愛称のようなもので、あくまで本名は漢字で「秋」のようです。

ヒロイン・天野アキ(能年玲奈)

東京・世田谷で生まれ育った高校生。母・春子いわく「ドジでマヌケで地味で暗くて向上心も協調性も存在感も個性も花も無いパッとしない」女の子。東京時代は引きこもりがちで、クラスではいじめられていた。

ただし、これはあくまで東京で暮らす「黒川秋」という女の子を評しての言葉であり、母に連れられてやってきた岩手・北三陸では「天野アキ」として天性のアイドル性を発揮、周囲を明るく照らしていくようになる。

父・黒川正宗(尾美としのり)

アキの実父。東京・世田谷で個人タクシーの運転手をしている。基本的に温和でいい人なのだが、「人をいらだたせる」という天性の才能を持っており、ついには春子から離婚を切り出されてしまう。正宗自身は春子を深く愛しており、離婚を認めていない。

春子との結婚には素敵な逸話があり、物語が進むに連れてその全貌が明らかにされていく。

母・春子(小泉今日子)

岩手・北三陸の漁村・袖が浜出身。北三陸高校時代は「ツッパリ」かつ学校のアイドル的存在だった。母・夏や周囲の人々からは海女の後継者として期待されていたが、18歳の時にアイドルを目指して家出、東京へ。大人になり母となってからも、ツッパリ時代同様に怒りっぽくキレやすい。

幼馴染み・大吉の策略に騙され24年ぶりに娘・アキを連れて袖が浜に帰ってくるが、母・夏とは家出当時のわだかまりが残っており、ぎこちない親子関係のままである。春子の東京でのアイドル時代の出来事が、やがて娘・アキの人生にも影響を与えることになる。

祖母・夏(宮本信子)

「袖が浜海女クラブ」会長を務める最年長現役海女。街の人の溜まり場・喫茶リアス、スナック梨明日も経営している。

突然北三陸にやってきた孫娘・アキを大変可愛がるが、娘の春子に対しては終始冷たい態度をとる。24年前の家出の件で、いまだに春子との間にわだかまりがある様子。地味で暗かったアキに海女の楽しさを教え、少しずつ明るい少女に変貌するキッカケを与える。

夫・忠兵衛とはラブラブ。一度も北三陸を出たことがないという夏に対し、遠洋漁業で生計を立てる忠兵衛は世界を知り尽くす船乗りで、北三陸に帰ってきた時には世界中の様子を夏に語って聞かせる。

祖父・忠兵衛(蟹江敬三)

マグロ延縄漁などを行う遠洋漁業漁師。怪しげな英語やボディランゲージを駆使し、各国の船乗りたちと交流をしている。

一年の大半は航海に出ており、北三陸に帰ってくるのは年に10日ほど。そのため、漁に出ている間は「死んだものと思って欲しい」と考え、天野家の仏壇には忠兵衛の写真が飾られている。それを見た春子とアキは、忠兵衛が死んだものだと勘違いしている。

北三陸を出たことがない妻・夏のために、航海から帰ると世界中の様子を語って聞かせる。娘・春子、孫・アキに対しては優しい父親、おじいちゃん。

天野家三代、女系家族の物語

以上が、アキを取り囲む家族です。天野家は代々「女系」家族であり、男よりも女が家庭の中心。「あまちゃん」の物語もまた、夏、春子、アキという親子三代の女性の人生を中心にしてストーリーが展開され、周囲の男たちはそんな女たちを温かく見守る役割を担います。

関連記事
【あまちゃん】袖が浜・海女クラブメンバー、あだ名、年齢一覧
「あまちゃん」祖父・天野忠兵衛 演じた蟹江敬三は2014年に胃がんで亡くなる
「あまちゃん」第一週あらすじ要点まとめ 北三陸にやってきた理由 夏、ユイとの初対面
「あまちゃん」再放送が決定!BSプレミアムで3月30日から毎朝放送
【あまちゃん】能年玲奈演じる「アキ」の本名は天野アキ?天野秋?黒川秋?
「あまちゃん」「ごちそうさん」「花子とアン」朝ドラで続く震災描写 それぞれの描き方は?
朝ドラ出演お笑い芸人まとめ①あまちゃん編 

スポンサードリンク

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

PAGE TOP ↑