「あまちゃん」ブレイク直前の東出昌大は、若き日の車掌・大吉役で出演

スポンサードリンク

NHK連続テレビ小説「あまちゃん」より。後から気が付いた人も多いのではないかと思いますが、「あまちゃん」には俳優・東出昌大が出演しています。この記事では「あまちゃん」で東出昌大が演じた役柄をまとめます。

北三陸鉄道の車掌・大向大吉

「あまちゃん」第一回放送は、1984年7月1日当時の回想シーンから始まります。ヒロイン・アキ(能年玲奈)の母・春子(当時20歳、演じるのは有村架純)が「どいて!」と怒りながら、この日開通する北三陸鉄道リアス線の一番電車に乗り込みます。

春子(18歳)はこの時、自分の人生すら自分の意志で決められない北三陸の閉鎖的な空気感に絶望し、カバン一つで東京へと向かったのです。

この時、車内で春子の東京行きを繰り返し問い返したのが、東出昌大が演じる20歳の大向大吉(24年後の大吉は杉本哲太が演じる)でした。大吉は春子に恋する北三陸鉄道の社員であり、一番電車の車掌としてたまたま汽車に乗り込んでいました。

この春子の家出シーンは「あまちゃん」の物語において重要な場面であり、今後たびたび回想シーンとして使用されます。

「ごちそうさん」の前、ブレイク直前

「あまちゃん」放送当時の2013年はまだ「ごちそうさん」(あまちゃんの次作)の放送前であり、東出昌大の知名度も今ほど高いものではありませんでした。そのため、「ごちそうさん」の西門悠太郎役で東出を知った視聴者が、後からあの時の若き大吉が東出昌大であったことを知る、というパターンも多かったようです。

「ごちそうさん」の後の東出の活躍は、皆さんご存知の通り。TBS日曜劇場「おやじの背中」、NHK大河ドラマ「花燃ゆ」、フジテレビ「問題のあるレストラン」、そして映画では「寄生獣」「アオハライド」などに出演。プライベートでも「ごちそうさん」で共演した杏と結婚をするなど、常に注目を浴び続ける若手俳優になっています。

「あまちゃん」出演当時の東出は、映画「桐島、部活やめるってよ」など一部で高い評価を得ていましたが、本格的なブレイクの直前。ブレイク後の今、改めて東出・大吉を見ると、初々しく、可愛らしい感じがします。

関連記事
「あまちゃん」第一週あらすじ要点まとめ 北三陸にやってきた理由 夏、ユイとの初対面
「あまちゃん」再放送が決定!BSプレミアムで4月6日から毎朝放送
天野家・家族構成「あまちゃん」を初回から楽しむための基礎知識

スポンサードリンク

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

PAGE TOP ↑