【半分、青い。】津曲の会社「ヒットエンドラン」とは 会社概要

スポンサードリンク

NHK連続テレビ小説「半分、青い。」に登場する架空の会社「ヒットエンドラン」についてまとめます。

鈴愛はこの「ヒットエンドラン」で働くために、再び上京することになります。

東京・千駄ヶ谷の企画会社「ヒットエンドラン」

「ヒットエンドラン」は、かつて大手広告代理店「電博堂(でんぱくどう)」に勤めていた津曲雅彦(有田哲平)が独立して立ち上げた、東京の企画会社です。

「ヒットエンドラン」会社データ

所在地:東京都渋谷区千駄ヶ谷7丁目24-1

代表取締役:津曲雅彦

社員数:5名(事務の女の子が妊娠したため一人欠員中)?←これは津曲が楡野家の人々に対して咄嗟についたウソの可能性も…

社名の由来:一本のヒットでチャンスが一気に拡大する野球の作戦「ヒットエンドラン」より。1+1が3になる、ハイリスクハイリターンが社是。

イベント企画 おもちゃの企画販売など

津曲によれば、「ヒットエンドラン」では商品プランニング、マーケティング、コンサルティング業務などを主に行なっており、自らの企画をメーカーやイベント会社に持ち込む「企画会社」であるとのこと。

全国の美味しいカツ丼が一堂に集結するイベント「カツ丼フェス」の企画や、「たまごっち」のパクリではないかと噂されている携帯ゲーム「ひめっち」の企画販売を行うなどしていますが、イマイチ本業が何なのかわからず、うさんくさい空気に満ちています。

「ヒットエンドラン」で働くことになる鈴愛

岐阜を再訪した津曲は、「岐阜犬」の権利を売って欲しいと鈴愛に打診することになります。

鈴愛は、花野にフィギュアスケートの練習を思う存分させてあげたかったこともあり(※ヒットエンドランのオフィスから徒歩五分の場所に、「明治神宮外苑アイススケート場」がある)、この権利を譲る代わりに「ヒットエンドラン」で働かせて欲しいと津曲に熱望。

こうして鈴愛は再びの上京を果たし、「ヒットエンドラン」で働くことになるのです。

シェアハウスで「おひとりさまメーカー」と出会う

「ヒットエンドラン」は、ものづくりなどをしている個人事業主が多数入る「シェアオフィス」を運営していました。追記:8月30日の放送を見た限り、ヒットエンドランはシェアオフィスの運営をしているというよりは、入居者の一人のようですね…。申し訳ございません。

このシェアオフィスには「ヒットエンドラン」のほか、手作りパンの店、オリジナル楽器製作者、グラフィックデザイン会社「UCHINO 」、おもちゃ会社「きっずほびー研究所」、そして津曲の妹・加藤恵子(小西真奈美)が立ち上げた「GREEN GREEN GREEN」(緑色と手触りの良さに特化した商品を開発)などが入っています。

鈴愛はこのシェアオフィスで、お金よりも自由に働くことを重視する彼ら「おひとりさまメーカー」のワークスタイルを知り、次第に自身でも「おひとりさまメーカー」を立ち上げたいという希望を持つようになります。

しかし、山っ気のある津曲が経営する「ヒットエンドラン」は新商品の開発に失敗してしまい…。

【半分、青い。】シェアオフィス・撮影ロケ地は「世田谷ものづくり学校」
【半分、青い。】声が高いデザイナー・小堺役 俳優の大窪人衛

スポンサードリンク

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

PAGE TOP ↑