「半分、青い。」注目の若手女優まとめ

スポンサードリンク

 NHK連続テレビ小説「半分、青い。」には多くの若手女優が出演します。

NHK朝ドラは、新進の若手女優にとって名前と顔を売る大きなチャンス。見事朝ドラ出演という幸運を手にした期待の女優たちをまとめます。それぞれの女優の詳しい経歴などは、リンク先の各記事をお読みください。

※この記事は順次追記していきます。

◎永野芽郁(ヒロイン・楡野鈴愛役)

左耳を失聴しながらも七転八倒、明るく生きていくヒロイン・鈴愛(すずめ)。

見事、オーディション参加者2366人の中からヒロインに選ばれたシンデレラ・ガールは、これまでも映画「俺物語!!」のヒロイン役や「ひるなかの流星」「PARKS パークス」「帝一の國」「ピーチガール」、CM「カルピスウォーター」「UQモバイル」などに出演。持って生まれた透明感は、朝ドラヒロインそのもの?

◎奈緒(ヒロイン親友・菜生役)


▲「アービング」所属、奈緒の紹介ページ。画像をクリックするとリンク先紹介ページに飛びます。

「ふくろう商店街」の洋品店「おしゃれ木田原」の娘で、ヒロインの幼馴染みの菜生(なお)。オシャレさんでしっかり者の菜生は鈴愛となぜか気があうようで、高校時代までの青春の時を親友として一緒に過ごすことになります。やがて高校卒業とともに二人は別々の道へと進み…。

「朝ドラヒロインの親友役」という、若手女優がもっともブレイクしやすい役柄をゲットした女優の奈緒。脚本家・野島伸司が監修する新進のアクターズスクール「ポーラスター東京アカデミー」の第一期特待生である奈緒は野島氏の秘蔵っ子であり、「半分、青い。」での活躍次第では一気に人気女優になっていくかも。

【半分、青い。】親友・木田原菜生 演じる奈緒は野島伸司期待の新進女優

◎古畑星夏(律の恋の相手・伊藤清役)

鈴愛と律との関係性に大きな波風を立てることになるのが、朝露高校の弓道部の試合に他校からやってきていた女子生徒・伊藤清(いとう・さや)です。律は美しい清に一目惚れをして名前を聞き出すことに成功するのですが、連絡先は聞かずじまい。後に律と清は東京で「運命的な再会」を果たすことになり…。

「半分、青い。」の劇中でも屈指の「美少女キャラ」である伊藤清を演じるのは、雑誌「ViVi」の専属モデルとして活躍し、女優としても大きな期待を集めている古畑星夏(ふるはた・せいか)です。

【半分、青い。】律の恋のお相手・伊藤清 演じる古畑星夏はモデル、女優として活躍

◎清野菜名(漫画アシスタント・小宮裕子役)

▼ドラマ「トットちゃん!」の主演経験など、「半分、青い。」に出演する若手女優の中でも屈指の実績を誇る清野菜名。2019年に放送予定のテレビ朝日昼の帯ドラマ「やすらぎの刻」では、大女優・八千草薫とともにW主演をはる予定。

東京に出て漫画アシスタントとなる鈴愛が出会うのが、同じ「オフィス・ティンカーベル」で働く漫画アシスタント・ユーコこと小宮裕子です。ユーコは東京・世田谷育ちのお嬢様で、親と折り合いが悪く、クールで他人に関心が持てないという鈴愛とは正反対のキャラクター。当初は鈴愛を毛嫌いするユーコですが、やがて懸命に仕事に向き合う鈴愛を認め、親友になっていきます。

アシスタント時代の苦楽をともにするユーコを演じるのは、テレビ朝日の昼ドラマ「トットちゃん!」で主役・黒柳徹子を演じるなど大きな注目を浴びている清野菜名です。

【半分、青い。】ユーコ(小宮裕子) 演じる清野菜名は「トットちゃん!」「やすらぎの刻」で大注目女優

▼漫画家を目指す日々を描く「東京・胸騒ぎ編」に続く、「人生・怒涛編」。キムラ緑子、麻生祐未、須藤理彩など実力派女優の登場も楽しみ。
【半分、青い。】「人生・怒涛編」主要登場人物、キャストまとめ

スポンサードリンク

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

PAGE TOP ↑