【半分、青い。】マナちゃん(バドミントン部)はブッチャーの憧れ?演じたのは静麻波

スポンサードリンク

NHK連続テレビ小説「半分、青い。」4月17日(火)、第14回放送に登場したバドミントン部の「マナちゃん」についてまとめます。

マナちゃんを演じたのは、「トリンプ・イメージガール」などをつとめた静麻波(しずか・まなみ)です。

バドミントン部のマナちゃん

4月17日の放送では、鈴愛(永野芽郁)ら幼馴染み4人の朝露高校での部活動の様子が描かれました。鈴愛は「美術部」、律は「バスケ部」、菜生は「弓道部兼美術部」に、そしてブッチャーは少々不純な理由で「バドミントン部」に入っていたようです。

ブッチャーがバドミントン部に入った理由は、憧れの女子・マナちゃん(静麻波)が居たからでした。

聖子ちゃん独り占め 菜生と大ゲンカしたマナちゃん

風吹ジュンのナレーションによれば、マナちゃんは「小学校の頃ベストテンごっこで聖子ちゃんを独り占めしていた、この地域一番の美人さん」。

思い返せば第1週・第5回放送で、菜生が友達と「ベストテンごっこ」をしていて聖子ちゃんの取り合いになり、大ゲンカしてしまったことを鈴愛に愚痴る場面がありましたね。以下、その時の会話を抜粋します。

鈴愛「聖子ちゃん誰やった?」
菜生「マナちゃん…」
鈴愛
「ずるっ!マナちゃん、聖子ちゃんばっか!ナオちゃんは誰やった?」
菜生「黒柳徹子…。司会。歌いたかった…(しょんぼり)。」

この可愛らしい会話の中で登場していた「ずるい女の子」が、後にブッチャーが憧れてしまうバドミントン部のマナちゃんだったんですね。

ブッチャーはマナちゃんを追いかけてバドミントン部に入ったものの、マナちゃんはイケメン男子部員とイチャイチャしており、入部してすぐに失恋。ブッチャーはバドミントン競技に打ち込むのでした(笑)。

【半分、青い。】ブッチャー(西園寺龍之介) 演じる俳優は矢本悠馬
【半分、青い。】親友・木田原菜生 演じる奈緒は野島伸司期待の新進女優

マナちゃんを演じたのは静麻波

出番としてはチョイ役でしたが、高校生になったマナちゃんを演じていたのは、モデルの静麻波(しずか・まなみ)です。

静麻波は群馬県前橋市出身の23歳で、「プラチナムプロダクション」に所属し、モデル活動を中心に仕事をしています。

2012年に「きものクイーンコンテスト」で東京クレープガール賞を受賞し、2016年には「2017年度トリンプ・イメージガール」に選出。この「トリンプ・イメージガール」は吉岡美穂、大石絵理らを輩出した歴史あるキャンペーンガール制度で、静麻波も一年間、トリンプのブランドイメージ向上のために活躍しました。

▼静麻波が主演したミュージックビデオ。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

PAGE TOP ↑