【半分、青い。】野鳥観察オタク・藤村麦 演じる女優は麻生祐未

スポンサードリンク

NHK連続テレビ小説「半分、青い。」<人生・怒涛編>に登場する「三オバ」の一人、藤村麦についてまとめます。

藤村麦を演じる女優の麻生祐未は、名作朝ドラ「カーネーション」などに出演しています。

100円ショップ大納言のオーナー姉妹

漫画家の道を挫折した鈴愛が、アルバイト先としてもぐりこむことになる「100円ショップ大納言」。鈴愛はこの新しい職場で、強烈な個性を持った人々と出会うことになります。

麻生祐未が演じる藤村麦は、100円ショップ大納言のオーナーである藤村三姉妹の真ん中(※藤村家は長姉が亡くなっているため、三女の麦が三姉妹の真ん中となります)。

野鳥観察を極めようとする趣味人

麦はマイペースな人物で、暇を見つけては野鳥観察に出かけてしまう「野鳥オタク」です。そのハマり具合は近所のカルチャースクールで野鳥講座の講師を受け持つほどの筋金入りであり、大納言店内の一角にも麦お気に入りの「野鳥グッズコーナー」を設置し、アンタッチャブルな聖域を作っています。

漫画家人生から転落し、人生の空白の時期を過ごす鈴愛にとって、自らの趣味に邁進する麦の姿はどのように映るのでしょうか。また、麦は結婚に失敗した姉・光江(キムラ緑子)の影響もあって結婚に対しネガティブな感情を持っています。意外にも現実主義だという麦の物言いが、結婚適齢期の鈴愛に何かしらの影響を与えるかもしれません。

女優・麻生祐未 トレンディドラマなどで活躍

藤村麦を演じるのは、大阪府泉佐野市生まれ長崎県長崎市育ちで現在54歳の女優・麻生祐未(あそう・ゆみ)。本名である奥村由美という名前からもわかるように、歌手の奥村チヨを叔母に持ちます。

1980年代には「オールナイトフジ」の司会やカネボウ水着キャンペーンガールなどを務め、大きな人気を誇ったほか、女優としてTBSドラマ「男女7人秋物語」(1987年)、フジテレビドラマ「教師びんびん物語II」(1989年)などのヒット作に出演したほか、人気トレンディドラマ「君が嘘をついた」(1988年)ではヒロイン役を演じるなど、80年代から90年代にかけて売れっ子として広く活躍しました。

名作「カーネーション」ではヒロインの母役

▼近年の朝ドラの中でも特に名作と言われ、根強い人気を誇る「カーネーション」にも出演していた麻生祐未。

近年ではTBSドラマ「JIN-仁-」(2009年-)における橘栄役が記憶に新しいほか、現在(2018年4月〜)平日夕方に再放送中のNHK朝ドラ「カーネーション」ではヒロインの母・千代役という重要なポジションも演じています。

また、2001年のNHK朝ドラ「ほんまもん」ではヒロインの会社の先輩役を演じていますが、同作で共演した俳優・永澤俊矢と結婚をし、長男を出産しています(のちに離婚)。

関連記事。ともに「三オバ」を演じるキムラ緑子、須藤理彩との共演も楽しみ。
【半分、青い。】キムラ緑子が「三オバ」藤村光江役で登場 「ごちそうさん」以来の朝ドラ
【半分、青い。】藤村家四女・藤村めあり 演じる女優・須藤理彩はかつての朝ドラヒロイン
【半分、青い。】「人生・怒涛編」主要登場人物、キャストまとめ
【半分、青い。】100円ショップ大納言 鈴愛の新しいアルバイト先

スポンサードリンク

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

PAGE TOP ↑