【半分、青い。】ブッチャーの姉・西園寺麗子 女優・山田真歩が演じる【花子とアン・宇田川先生】

スポンサードリンク

NHK連続テレビ小説「半分、青い。」ブッチャーの姉・西園寺麗子役に、女優の山田真歩が起用されることがわかりました。

この記事では西園寺麗子についてまとめるとともに、山田真歩のプロフィールなどをまとめます。

性格もブッチャー 西園寺麗子

これまで(物語前半)、ブッチャーの姉・西園寺麗子が登場したのは幼少期のみ。

4月6日の第5回放送では、母・富子(広岡由里子)が運転する「1000万円くらいする外車」に乗って麗子(子役:幸田雛子)が登場。愛犬メルシーを膝に乗せ、鈴愛と菜生に「ごきげんよう」と挨拶する麗子の姿がありました。

また、4月10日の第10回放送では、西園寺家で鈴愛らと「七並べ(トランプ)」をして遊ぶ麗子が登場。麗子はゲームの形勢が不利になると愛犬メルシーを床に並べられたカードへと放ち、わざと場をぶち壊しに。「ブッチャーのお姉ちゃんも、性格はブッチャーでした」とナレーションにつっこまれています。

「恋する麗子」が登場

その後、麗子の出番はありませんでしたが、物語後半では大人になった麗子(山田真歩)にもスポットが当てられます。子供の頃の性格そのままに(?)大人になった麗子は、いつまでも結婚せずにいることを両親から心配されていました。

しかし、そんな麗子にも転機が訪れます。麗子は「センキチカフェ」の開店祝いに顔を出した際に健人(小関裕太)と出会うと、二人の仲は急速に近づいていきます。

麗子はついに巡り合った「運命の相手」に全身全霊で恋をするとのことで、演じる山田真歩の「乙女」な演技に期待がかかります。

山田真歩「花子とアン」「トットちゃん!」

西園寺麗子を演じるのは、東京都出身、36歳の女優・山田真歩(やまだ・まほ)です。

山田真歩といえば、2014年のNHK朝ドラ「花子とアン」で演じた作家・宇田川満代役が広く知られます。

宇田川先生は「趣味の延長」で書いた作品で文学賞に入選したヒロイン・はな(吉高由里子)に敵対心を見せるなど、その高飛車で強烈なキャラクターが人気となりました。

また、2017年のテレビ朝日・昼の帯ドラマ「トットちゃん!」では、主人公・黒柳徹子(清野菜名)と友情を育む人気作家・向田邦子役で出演。こちらの役でも存在感を示しています。

一度は就職も 山田真歩プロフィール

山田真歩は、教職の道を目指して進学した大学時代に演劇研究会に所属すると、劇作家ケラリーノ・サンドロヴィッチの舞台に出演するなどして、次第に演劇の虜に。卒業後、一度は「劇団東京乾電池」の研究生となりますが、生活の不安から出版社に就職するなど紆余曲折の20代を過ごしています。

その後、本格的に女優の道に進んだ山田真歩は、映画「SR サイタマノラッパー2 女子ラッパー☆傷だらけのライム」(2010年)で主役を演じると、映画「モテキ」(2011年)、「かぞくのくに」「おだやかな日常」(2012年)、「ばしゃ馬さんとビッグマウス」(2013年)、「福福荘の福ちゃん」などに出演。

「花子とアン」出演後も、映画「アレノ」(2015年)での主演のほか、テレビドラマ「Dr.倫太郎」(日本テレビ・2015年)、「コウノドリ」(TBS・2015年)、「架空OL日記」(読売テレビ・2017年)、「オトナ高校」(テレビ朝日・2017年)などに出演し、女優としての幅を広げています。

関連記事
「つむじ風」作家・宇田川満代が再登場 演じるのは山田真歩

スポンサードリンク

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

(AD)

タモリ倶楽部 花子とアン ドラマ 美女と男子 ヒストリア とと姉ちゃん 大阪 陸王 あまちゃん ナポレオンの村 べっぴんさん 音楽 トットちゃん! この世界の片隅に サブカル 花燃ゆ ごちそうさん 歴史 真田丸 まんぷく ブラタモリ まれ 天皇の料理番 ひよっこ 半分、青い。 マッサン 下町ロケット 朝ドラ わろてんか 女優 俳優 醸造 ロケ地 NHK アイドル 視聴率 軍師官兵衛 食文化 地域文化 あさが来た
PAGE TOP ↑