【半分、青い。】大納言の「壁当て扇風機」は未来への伏線?やがて「ひとりメーカー」での発明に

スポンサードリンク

NHK連続テレビ小説「半分、青い。」7月9日(月)の第85回放送で、鈴愛の今後の人生を切り開く「ヒント」(伏線)になると予想される描写がありました。

この記事では、その「伏線」が持つであろう意味を簡単にまとめてみます。一部ネタバレも含みますのでご注意ください。

大納言の扇風機

漫画の師匠・秋風羽織(豊川悦司)の元を去り、小さな100円ショップ「大納言」でアルバイトとして働き始めた鈴愛(永野芽郁)。このアルバイト生活の日々は鈴愛の人生において「谷底」の時期にあたりますが、そんな転落生活の中にも、未来への「道しるべ」が見え隠れしています。

7月9日放送(第85回)では、忙しいレジ打ち仕事がひと段落した後に、店長・田辺一郎(嶋田久作)と他愛のない会話をする鈴愛の姿が描かれました。鈴愛はヒマに任せてぼーっと店内に目をやると、ふと壁に向けて風を送っている扇風機の存在に気がつきます。

一郎「風がね、柔らかくなるんだよ。壁にあてていると」
鈴愛「へえ…」

この時、鈴愛はこの扇風機の佇まいに何かの「引っかかり」を覚えたようですが、そんなちょっとした気付きも、怠惰な日常生活の中へと消え去っていってしまいます。

以下、ネタバレを含みます。

鈴愛、「ひとりメーカー」を立ち上げる

100円ショップ大納言での日々のストーリーは、物語の「起承転結」でいえば「転」にあたる部分といえます。鈴愛はこの時期に結婚をし、子供を授かり、やがて離婚も経験。ひとり娘を抱え、「シングルマザー」として故郷・岐阜へと帰ることになります。

現在発表されている情報を総合すると、鈴愛は岐阜に帰った後に怪しげな事業家・津曲(有田哲平)と出会ったことで再上京を果たし、身近な人の生活を手助けする製品を作る「ひとりメーカー」を立ち上げることになるようです。

やがて鈴愛は病気に悩まされている母・晴(松雪泰子)のために、やさしい風を送ることが出来る画期的な扇風機「マザー」を開発し、家電業界に新風を巻き起こしていくとのこと。

この開発にあたり、大納言で見た田辺一郎特製の「壁当て扇風機」が、鈴愛の発明に大きなヒントを与えていくことになっていきます。

追記:
「鈴愛の扇風機」はバルミューダがモチーフとなることが判明。一郎の壁当てエピソードも、実話を元に創作されています。
【半分、青い。】鈴愛が開発する「扇風機」はバルミューダ「Green Fan」がモチーフに

鈴愛のアイディア、律の頭脳

幼い頃から、亡くなった祖母と会話が出来るように糸電話を作ってみたり、自身の耳の状態をみんなに知ってもらうために「ゾートロープ」を完成させたりと「アイディアマン」だった鈴愛。そうした鈴愛のアイディアに科学的、技術的裏付けを与え、実際に形に落とし込むのはいつも律の役割でした。

大人になった鈴愛が立ち上げた「ひとりメーカー」においても、やがて鈴愛と律の「最強タッグ」が復活していきそうです。

この頃には律も離婚をしている上に会社員生活に限界を感じており、ロボット開発の世界で技術力を磨いてきた律が、鈴愛の事業に合流していくようです。

そして、その先には二人の結婚も…?

関連記事
「半分、青い。」物語全体のあらすじ、ストーリー

スポンサードリンク

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

PAGE TOP ↑