【半分、青い。小ネタ】鈴愛が就職試験に落ちた社名リスト一覧が「朝ドラヒロインの名前」にちなんでいる

スポンサードリンク

NHK連続テレビ小説「半分、青い。」4月25日(水)放送分より。

ヒロイン・鈴愛が就職試験を受けて落ちた企業の名前一覧が「過去の朝ドラのヒロインの名前」にちなんでいましたので、まとめます。

津村食品、村岡書店、白岡信用金庫…これって朝ドラの…

高校3年生の秋になり、これといった将来の夢もなく地元の企業の就職試験をうけまくった鈴愛(永野芽郁)でしたが、結果は連戦連敗。鈴愛は自室のイーゼルに紙を設置し、うらめしそうにこれまで落ちた企業の名前一覧にバツ印をつけていきます。※最終的に「東美濃市農協」に合格。

この「落ちた企業一覧」の名前が、近作朝ドラのヒロインの名前にちなんでいるという遊び心を発揮していましたので、まとめておきます。ご丁寧に上から年代順になっていました(笑)。

下村医療器×
狩野旅館×
天野海産×
レストランにしかど×
村岡書店×
亀山飲料販売サービス×
津村食品×
白岡信用金庫×
コバシ印刷×
坂東織物工業×
谷田部精工×
藤岡企画×
東美濃市農協◎

以下、各社社名の由来を簡単にまとめます。 各企業の業種も、ヒロインの目指した職業や生い立ちなどに関連したものとなっています。

下村医療器=「梅ちゃん先生」(2012年春)

「梅ちゃん先生」は、ヒロインが町医者として地域医療に携わっていくストーリー。ヒロインの名前は「下村(結婚後は安岡)梅子」(堀北真希)。

狩野旅館=「純と愛」(2012年秋)

「純と愛」はホテル経営に奮闘するヒロインの姿を描いた物語。ヒロインの名前は「狩野(結婚後は待田)純」(夏菜)。

天野海産=「あまちゃん」(2013年春)

「あまちゃん」は岩手・北三陸で海女の仕事に出会ったヒロインが、やがて東京でアイドルを目指す物語。ヒロインの名前は「天野アキ」(能年玲奈)。

レストランにしかど=「ごちそうさん」(2013年秋)

「ごちそうさん」は、東京の洋食屋生まれのヒロインが大阪の西門家に嫁ぎ、大阪の食文化や歴史に触れながら家族との関係性を築いていく物語。ヒロインの名前は「卯野(結婚後は西門)め以子」(杏)。

村岡書店=「花子とアン」(2014年春)

「赤毛のアン」の翻訳などで知られる実在の翻訳家、作家の村岡花子をモデルにした物語。ヒロインの名前は「安東(結婚後は村岡)はな」(吉高由里子)。

亀山飲料販売サービス=「マッサン」(2014年秋)

ニッカウイスキー創業者・竹鶴政孝、リタ夫妻をモデルにした物語。ウイスキー作りに人生をかける主人公夫婦の名前は「亀山政春、エリー」(玉山鉄二、シャーロット・ケイト・フォックス)。

津村食品=「まれ」(2015年春)

東京生まれ、能登育ちのヒロインが横浜で洋菓子修行をし、やがて能登で小さなケーキ屋を開く物語。ヒロインの名前は「津村(結婚後は紺谷)希」(土屋太鳳)。

「津村食品」に落ちた鈴愛は、「ここの商品はもう買わん、きゅうりのきゅうべえももう食べん!」と逆ギレ。

白岡信用金庫=「あさが来た」(2015年秋)

大阪の老舗両替屋「加野屋」(白岡家)に嫁いだヒロインが、炭鉱業、銀行、保険業などの新業種を立ち上げて白岡家を復興させていく物語。ヒロインの名前は「今井(結婚後は白岡)あさ」(波瑠)。

コバシ印刷=「とと姉ちゃん」(2016年春)

雑誌「暮しの手帖」創業者・大橋鎭子をモデルにした物語で、ヒロインは戦後の混乱の中で生活者に根ざした雑誌作りを行う。ヒロインの名前は「小橋常子」(高畑充希)。

坂東織物工業=「べっぴんさん」(2016年秋)

神戸のアパレル企業「ファミリア」をモデルにし、ヒロインが小さなベビーショップを立ち上げていく物語。ヒロインの名前は「坂東すみれ」(芳根京子)。

谷田部精工=「ひよっこ」(2017年春)

奥茨城村出身のヒロインが高度経済成長期の東京に金の卵として上京し、町に根ざして生きていく物語。ヒロイン「谷田部みね子」(有村架純)の最初の就職先がラジオなどを組み立て製造する「向島電機」だった。

藤岡企画=「わろてんか」(2017年秋)

京都生まれのヒロインが大阪の米問屋に嫁ぎ、やがて寄席経営、エンターテインメント産業に携わっていく、吉本興業創業者をモデルにした物語。ヒロインの名前は「藤岡(結婚後は北村)てん」(葵わかな)。

関連記事
【半分、青い。】少女漫画家・秋風羽織 「いつもポケットにショパン」はくらもちふさこの実在作品

スポンサードリンク

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

PAGE TOP ↑