【半分、青い。】仙台で暮らすユーコ  2011年の東日本大震災が描かれる?

スポンサードリンク

 NHK連続テレビ小説「半分、青い。」で、ヒロイン・鈴愛の親友として継続的にドラマに登場しているユーコこと浅葱(旧姓・小宮)裕子。

第19週(8月2週目)現在ユーコは仙台で暮らしており、今後ユーコが仙台で東日本大震災に直面するのでは?と心配する声がネット上で出始めています。この記事では、ユーコの今後に関してまとめます。ネタバレを含みますのでご注意ください。

2003年に仙台に移住

第12週放送でインテリアコーディネーターの浅葱洋二(山中崇)と結婚し(時代設定は1995年)、その後男児を出産したユーコ 。主婦として東京で子育てに励んでいたユーコですが、第18週放送では洋二の仕事の都合により、洋二の実家がある仙台へと移住しています(2003年)。

第19週放送では、岐阜のつくし食堂に遊びに来たユーコが看護学校に通い始めて二年目であることを鈴愛に告白(2008年)。ユーコは鈴愛と同年代であり、この時点で37歳前後ということになります。

以下、ネタバレを含みますのでくれぐれもご注意を。※ストーリーは変更となる可能性もあります。

仙台の病院で働き始めるユーコ

やがてユーコは、海が見える仙台の病院で看護師として働き始めるようです。ユーコは看護師として人の死と日々向き合う中で、自分の仕事に対して悩みを抱いていきます。

「仙台の海辺の病院」と聞いて気になるのが、2011年3月に発生した「東日本大震災」です。

「半分、青い。」はほぼ現在(2018年)近くの時代までが描かれるとのことで、当然2011年に発生した未曾有の大震災の描写は避けて通れないものとなります。

脚本を担当する北川悦吏子氏がわざわざユーコを仙台に移住するという設定にしたのも、東日本大震災の衝撃をユーコを通して描くためでしょう。

現在わかっているところによれば、残念ながらユーコは震災で亡くなってしまうようです。鈴愛はユーコの死に大変なショックを受けるようですが、亡くなる前にユーコが残した音声メモの存在が、鈴愛の背中を後押ししていく展開となりそうです。

大切な人たちに死の影が…

今後の「半分、青い。」では、拡張型心筋症を患った和子、すっかり年をとってしまった仙吉、ガンを患うことになる晴、そして震災に遭遇するユーコと、鈴愛の大切な人々に死の影が近づく展開が続きます。

100円ショップ編以降、物語の展開に対し視聴者から厳しい声も飛んでいるだけに、和子、仙吉、晴、ユーコらの命の描き方、そして大震災の描き方次第でドラマの評価が大きく変わっていきそうです。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

やすらぎの郷 俳優 花燃ゆ 下町ロケット 食文化 ロケ地 陸王 アイドル 花子とアン 地域文化 醸造 ドラマ ヒストリア 朝ドラ 女優 トットちゃん! ひよっこ 真田丸 天皇の料理番 軍師官兵衛 マッサン ごちそうさん あさが来た ナポレオンの村 歴史 大阪 べっぴんさん とと姉ちゃん 美女と男子 サブカル NHK わろてんか ブラタモリ 視聴率 まれ この世界の片隅に あまちゃん タモリ倶楽部 音楽 半分、青い。
PAGE TOP ↑