【オーディション?オファー?】2010年以降の朝ドラ・ヒロイン 決定方法・経緯まとめ

スポンサードリンク

NHK連続テレビ小説(朝ドラ)のヒロインは、「オーディション」が開催され選抜されるか、またはオーディションを開催せず、女優に「直接オファー」をすることで決められます。

この記事では、2010年代以降の各朝ドラのヒロインが「オーディション」によって選ばれたか、あるいは「オファー」で指名されたのかについてまとめていきます。

オーディションを実施せず「直接オファー」

ある程度の出演実績を持ち、確実に役柄にマッチしそうな女優に対して直接出されるオファー。井上真央、堀北真希、杏など、少し新鮮味には欠けるものの、実力派が揃う。

▽「ゲゲゲの女房」松下奈緒(2010年前期・NHK東京制作)

▽「おひさま」井上真央(2011年前期・NHK東京制作)

▽「梅ちゃん先生」堀北真希(2012年前期・NHK東京制作)

▽「ごちそうさん」杏(2013年後期・NHK大阪制作)

▽「花子とアン」吉高由里子(2014年前期・NHK東京制作)

▽「ひよっこ」有村架純(2017年前期・NHK東京制作)

▽「まんぷく」安藤サクラ(2018年後期・NHK大阪制作)

▽「なつぞら」広瀬すず(2019年前期・NHK東京制作)

▽「スカーレット」戸田恵梨香(2019年後期・NHK大阪制作)

オーディションを実施

実績が乏しい新進の女優にもチャンスが開かれるオーディション。近年では、無名だった能年玲奈が「あまちゃん」のヒロインに大抜擢されるなど、フレッシュなヒロインが誕生しやすい。また、オーディション最終選考で落選してしまった女優がその魅力を買われ、ヒロインの友人役などに配置される例も多い。

▼「てっぱん」瀧本美織(2010年後期・NHK大阪制作)

1,424人の応募者の中から瀧本美織が選出された。

▼「カーネーション」尾野真千子(2011年後期・NHK大阪制作)

1,850人の中から尾野真千子が選ばれる。尾野は当時30歳で、遅咲きでのヒロイン抜擢。

▼「純と愛」夏菜(2012年後期・NHK大阪制作)

2,258人が応募したオーディションにより、夏菜が選ばれた。夏菜はそれまでに二度、朝ドラのオーディションに落選。三度目でつかんだ主役の座だった。

▼「あまちゃん」能年玲奈(2013年前期・NHK東京制作)

NHK東京制作としては4年ぶりとなるオーディション。応募1,953人の中から当時無名の女優・能年玲奈が抜擢され、ハマリ役に。

▼「マッサン」シャーロット(2014年後期・NHK大阪制作)

国内外のオーディションにより約500人の中から米国女優、シャーロット・ケイト・フォックスが選ばれる。25歳~40歳、白人女性(ハーフ、クォーター可)、欧米文化で育った人、歌に自信がある人、などのオーディション参加条件が設けられた。

▼「まれ」土屋太鳳(2015年前期・NHK東京制作)

2,020人がオーディションに参加。最終選考には一子役の清水富美加、陶子役の柊子らも残っていたが、土屋の「チャンスをください!」の懇願が決め手に。

▼「あさが来た」波瑠(2015年後期・NHK大阪制作)

2,590人の中から、波瑠が選ばれる。波瑠は「てっぱん」「純と愛」「あまちゃん」と三度の朝ドラオーディション落選を経験しており、悲願のヒロイン決定。

▼「とと姉ちゃん」高畑充希(2016年前期・NHK東京制作)

オーディションにより決定。高畑充希は、「ごちそうさん」出演を経て、念願のヒロインの大役をゲット。

▼「べっぴんさん」芳根京子(2016年後期・NHK大阪制作)

2,061人の中からオーディションにより決定。オーディションに無類の強さを発揮する「オーディション荒らし」として知られた芳根京子が、雑巾縫いが決め手となり、ついに大役をゲット。

▼「わろてんか」葵わかな(2017年後期・NHK大阪制作)

オーディション参加者2,378人の中から決定。葵わかなの「キュートだけど強い」「笑顔だけど怖い」、そんな二面的な魅力が決め手に。

▼「半分、青い。」永野芽郁(2018年前期・NHK東京制作)

2,366人の中から決定。永野芽郁は、映画「俺物語!!」のヒロインや「カルピスウォーター」のCMなどで知られる新進女優。

関連記事
朝ドラヒロイン NHK大阪は関東出身女優がお好き?近作の関東関西女優起用傾向まとめ

スポンサードリンク

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク


PAGE TOP ↑