朝ドラヒロイン NHK大阪は関東出身女優がお好き?近作の関東関西女優起用傾向まとめ

スポンサードリンク

2017年秋から放送されるNHK連続テレビ小説「わろてんか」(NHK大阪)のヒロインが、神奈川県出身の女優・葵わかなに決定しました。

この記事では、近作朝ドラで見られる、関東出身の女優がNHK大阪制作の朝ドラヒロインに、関西出身の女優がNHK東京の朝ドラヒロインに抜擢されているという大まかな傾向(?)をまとめてみます。

NHK東京作品 能年・高畑・有村は関西出身

まずは、NHK東京制作による最近5作品。
(※制作局の地元出身ヒロインには▷印、地元出身ではないヒロインには▶印)

▶あまちゃん・能年玲奈(作品の舞台:岩手・東京)

ヒロイン:能年玲奈▶兵庫県出身
ヒロインが話す言葉:標準語→北三陸弁
ヒロイン選抜方法:オーディション

▷花子とアン・吉高由里子(作品の舞台:東京・山梨)

ヒロイン:吉高由里子▷東京都出身
ヒロインが話す言葉:山梨弁→東京山の手言葉
ヒロイン選抜方法:オファー

▷まれ・土屋太鳳(舞台:石川・横浜)

ヒロイン:土屋太鳳▷東京都出身
ヒロインが話す言葉:能登弁
ヒロイン選抜方法:オーディション

▶とと姉ちゃん・高畑充希(作品の舞台:東京・浜松)

ヒロイン:高畑充希▶大阪府出身
ヒロインが話す言葉:標準語(なぜか遠州弁は話さず)
ヒロイン選抜方法:オーディション

▶ひよっこ・有村架純(作品の舞台:東京・茨城)

ヒロイン:有村架純▶兵庫県出身
ヒロインが話す言葉:茨城弁
ヒロイン選抜方法:オファー

NHK大阪 関東出身女優を重用

続いて、NHK大阪制作の最近5作品。いずれも関西圏出身以外の女優を起用。

▶ごちそうさん・杏(作品の舞台:大阪・東京)

ヒロイン:杏▶東京都出身
ヒロインが話す言葉:標準語
ヒロイン選抜方法:オファー

▶マッサン・シャーロット(作品の舞台:大阪・北海道)

ヒロイン:シャーロット・ケイト・フォックス▶アメリカ出身
ヒロインが話す言葉:英語→日本語
ヒロイン選抜方法:オーディション

▶あさが来た・波瑠(作品の舞台:大阪・京都)

ヒロイン:波瑠▶東京都出身
ヒロインが話す言葉:京都弁
ヒロイン選抜方法:オーディション

▶べっぴんさん・芳根京子(作品の舞台:神戸・大阪)

ヒロイン:芳根京子▶東京都出身
ヒロインが話す言葉:神戸弁(標準語に近い?)
ヒロイン選抜方法:オーディション

▶わろてんか・葵わかな(作品の舞台:大阪)

ヒロイン:葵わかな▶神奈川県出身
ヒロインが話す言葉:京都弁?(京都生まれ、大阪船場に嫁ぐ)
ヒロイン選抜方法:オーディション

やはり傾向はありそう

以上からあくまで近作の傾向ですが、「制作局の地元出身」以外の女優をヒロインに抜擢するパターンが多いようです。特にNHK大阪制作の作品は過去5作すべて、関西圏出身以外の女優がヒロインに起用されています。

あくまで私見ですが、NHK東京制作作品分に関しては、現時点で勢いがある関西出身の人気若手女優が多いことが一因ではないかと考えます。

一方のNHK大阪ですが、大阪制作の朝ドラは脇役を関西出身の実力派俳優(近藤正臣、キムラ緑子、堤真一、西川きよし、生瀬勝久ら)で固める傾向があり、あえて(バランスをとるために?)ヒロインは関西色の薄い女優を選んでいるのでは…とも考えられます。(あるいは東京の芸能事務所の巨大な力がうごめいているのかも知れませんが…笑)

いずれにしても、ヒロインが方言に苦戦するというのは朝ドラお馴染みの光景。「ひよっこ」の有村架純(兵庫県出身)が茨城弁を、「わろてんか」の葵わかな(神奈川県出身)が京都弁をどう克服して役づくりをしていくのか、楽しみです。

関連記事
【わろてんか】主要出演者の出身地まとめ 関西弁ネイティブは誰?
2017年春・秋 2018年春のNHK朝ドラは?ヒロイン、脚本家、あらすじまとめ

スポンサードリンク

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

とと姉ちゃん 食文化 東京都北区赤羽 女優 美女と男子 べっぴんさん ドラマ ごちそうさん あまちゃん アイドル 花子とアン 大阪 地域文化 花燃ゆ マッサン ヒストリア 醸造 視聴率 俳優 釣りバカ日誌 わろてんか ブラタモリ タモリ倶楽部 音楽 天皇の料理番 歴史 まれ 下町ロケット NHK サブカル トットちゃん! ひよっこ やすらぎの郷 真田丸 ロケ地 ナポレオンの村 あさが来た 陸王 軍師官兵衛 朝ドラ
PAGE TOP ↑