【あさが来た】桂文珍がうどん屋の主人役で登場

スポンサードリンク

NHK連続テレビ小説「あさが来た」に、落語家の桂文珍が登場します。この記事では、桂文珍が演じる役柄などについてまとめます。

うどん屋の大将

「あさが来た」に桂文珍が登場するのは第10週、12月2日(水)の予定。演じるのは「うどん屋の主人(大将)」です。

「文珍のうどん屋」が登場するのは、白岡新次郎(玉木宏)と眉山惣兵衛(柄本佑)が二人で酒を呑み交わす場面。間もなく和歌山での新しい生活をスタートさせる惣兵衛が、盟友である新次郎と語り合う重要なシーンです。

新次郎と惣兵衛という、ともに名家で生まれ育った男同士。苦労を知る者同士だからこその、しみじみとした会話が続く中で文珍演じるうどん屋の大将は、二人に「かまぼこ」の差し入れをします。新しい人生が始める若い二人への、ささやかな門出祝いの一品でした。惣兵衛は「大好物」だというかまぼこを頬張ると、晴れ晴れとした表情を浮かべます。

桂文珍演じるうどん屋の大将役はあくまで一瞬だけの「チョイ役」であり、単発での出演となります。

「風のハルカ」以来の朝ドラ

大阪製作の朝ドラでは「オール阪神・巨人」(マッサンはコンビで、ごちそうさんは巨人のみ)や西川きよし(マッサン)、笑福亭鶴瓶(あさが来た)などの関西大物芸人がたびたび登場しており、桂文珍自身も「風のハルカ」(2005年・四方山一行役)以来10年ぶりのNHK朝ドラへの登場となります。※「風のハルカ」は「あさが来た」と同じく大森美香が脚本を担当しています。

桂文珍はこれまで「風のハルカ」、「居酒屋もへじ」(2011年・TBS)、「桜ほうさら」(2014年・NHK)、「煙霞」(2015年・WOWOW)など数えるほどしかテレビドラマに出ておらず、貴重な出演となりそうです。

関連記事
【あさが来た】笑福亭鶴瓶が玉利友信役で登場 モデルは東京の貿易商
「ごちそうさん」に「社長」としてオール巨人が登場
「マッサン」にオール巨人が登場 相方・オール阪神も投資家役で出演へ
朝ドラ出演お笑い芸人まとめ①あまちゃん編
朝ドラ出演お笑い芸人まとめ②ごちそうさん編
朝ドラ出演お笑い芸人まとめ③花子とアン編
朝ドラ「まれ」に出演したお笑い芸人一覧

スポンサードリンク

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

PAGE TOP ↑