【あさが来た】義弟・白岡榮三郎のモデルは広岡正秋(九代目加島屋久右衛門)

スポンサードリンク

NHK連続テレビ小説「あさが来た」より。あさ(波瑠)が嫁ぐ両替商・加野屋(白岡家)の三男で、後に八代目当主となる白岡榮三郎(桐山照史)という人物についてまとめます。

長男・正太郎が倒れ、18歳で8代目当主に

白岡家は長男・正太郎(木内義一)、次男・新次郎(玉木宏)、三男・榮三郎の三兄弟がいます。いずれ有能な正太郎が加野屋の当主を継ぐことが予定されていましたが、正太郎が病に倒れて急逝したことで後継者問題が浮上します。

物語上では少し後になりますが、結局、後継者は本家に属し幼い頃から店を手伝っていた三男・榮三郎が継ぎます。この時、榮三郎はまだ18歳という若さ。新次郎とあさはやがて八代目当主となる榮三郎の「後見人」という形で、サポートをしていくことになります。

モデルは加島屋九代目当主・広岡正秋

この白岡榮三郎は、ヒロインのモデルとなった広岡浅子が嫁いだ加島屋の九代目当主・広岡正秋(九代目加島屋久右衛門、1844-1909)がモデルです。正秋は浅子の夫・広岡信五郎の三歳年下の弟で、兄の喜三郎が早世したため、20代半ばの若さで九代目を継いでいます。

正秋は浅子(※)の強力なバックアップを受けながら、幕末から明治にかけて危機を迎える加島屋を守り、御家再興のために尽くしたとされます。正秋は加島銀行初代頭取、大同生命保険会社初代社長、大阪市議会議員、堂島米穀取引所理事などを務めました。

(※)広岡信五郎はドラマの新次郎と同じく分家に出ていました。浅子は「分家の嫁」という立場ながら加島屋を盛り立てます。

また正秋は、浅子が中心となって設立した「日本女子大学校」、それに大阪港の建設、海防費など公共事業に多額の寄付をしたとされ、大阪経済界に名前を残す重要人物でもあります。

明るい桐山照史が演じる榮三郎

「あさが来た」第一週で登場した少年時代の榮三郎(吉田八起)は、礼儀正しさを持ちながら、物怖じしない快活な少年として描かれていました。

大人になった榮三郎を演じる桐山照史(きりやまあきと)は、所属するジャニーズ事務所の中でも明るく人懐っこい性格。奔放なあさや新次郎と関わり合いながら、当主としての重圧を背負う重要人物・榮三郎を魅力的に演じてくれるのではないでしょうか。

関連記事
【あさが来た】白岡さち(榮三郎の妻)を演じる柳生みゆ 「カーネーション」妹・静子役でお馴染み
【あさが来た】白岡さちのモデル・広岡(長田)なつとは?
【あさが来た】白岡榮三郎を演じるのは桐山照史(ジャニーズWEST)

スポンサードリンク

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

PAGE TOP ↑