【あさが来た】ついにふゆの結婚相手が決まる!相手は婚約者・平蔵?亀助?

スポンサードリンク

NHM連続テレビ小説「あさが来た」に、”ふゆの婚約者” が登場します。

ふゆの婚約者となる平蔵という男の出現により、ふゆ、それにふゆに想いを寄せていた亀助の恋模様が大きく動き出します。この記事では、新年早々の放送で描かれる「ふゆの結婚」についてまとめます。

新次郎への想いは断ち切れず…

新次郎(玉木宏)への淡い恋心を秘めている、お付きのふゆ(清原果耶)。新次郎は妾を持つつもりはなく、ふゆ自身もそれが叶わぬ恋だと理解はしていました。

そんなふゆのもとへ、平蔵という男との縁談が舞い込んできます。

平蔵は草履屋をやっていましたが最近は洋傘屋を始めて儲かっているとのこと。ふゆの事が気になり加野屋の外から覗くうちに、平蔵はふゆの器量だけではなく働き者の人柄にまで惚れ込んでしまったようです。ふゆは新次郎への想いを断ち切れないまま、この縁談を受け入れようとします。

以下、ネタバレを含みますのでご注意下さい。

「お兄ちゃん」亀助の想い

かねてからふゆに対し想いを寄せていた中番頭・亀助(三宅弘城)は、不本意な結婚を受け入れようとしているふゆを心配し、損得勘定を抜きに新次郎に対し「おふゆちゃんに良い思い出をつくってやって欲しい」と頼み込みます。

これにより一計を案じた新次郎はふゆを外へと連れ出すのですが、この新次郎とふゆの「逢い引き」が婚約者の平蔵に見つかってしまったことで、ふゆの父・彦三郎(上杉祥三)が激怒。加野屋に乗り込んできた彦三郎は、ふゆに手をあげ、止めに入った亀助、さらには平蔵も巻き込んで三人の大乱闘が勃発してしまいます。

意外な?ふゆの結婚相手

何とも収拾のつかない展開となってしまいますが、結果的に大乱闘がふゆの心を動かしたのでしょう。なんと、ふゆは亀助との結婚を決めることになります。亀助とふゆは新次郎とあさの仲人により正式な夫婦となり、二人仲睦まじく、雁助に代わり九州の炭坑へと向かうことになります。

この大騒動の様子は年明け最初の第14週(1月4日〜)「新春、恋心のゆくえ」にて描かれる予定で、新年早々お目出度い展開とないそうです。

スピンオフドラマ放送が決定!亀助の結婚騒動を描く
亀助が主役!「あさが来た」スピンオフドラマ あらすじと放送予定日時、出演者 

関連記事
【あさが来た】ふゆの生い立ち、実家・日野家の家庭環境が明かされる
【あさが来た】新年第一週は明治12年正月からスタート 時代背景は?
【あさが来た】ふゆの父・彦三郎 演じるのは上杉祥三(下町ロケットのあの裁判長)
【あさが来た】お付き・ふゆは「小藤」(側室)がモデルの可能性あり?
【あさが来た】お付き・ふゆを演じるのは清原果耶 ニコラ専属モデル、「三井のリフォーム」CM
【あさが来た】加野屋の中番頭・亀助 演じる三宅弘城 過去に宮﨑あおいと共演も
【あさが来た】雁助とうめ、亀助とふゆ 恋の行方は

スポンサードリンク

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

PAGE TOP ↑