【あさが来た】紅白歌合戦・特別編の内容、出演者は? NMB48の登場時間にあわせて放送か

スポンサードリンク

2015年の「NHK紅白歌合戦」で、連続テレビ小説「あさが来た」の特別編が放送されることが決定しました。この記事では、「特別編」の内容と出演者、それに放送時間の予想などをまとめます。

「加野屋の大みそか」

紅白歌合戦での「朝ドラ特別編」は、2013年の「あまちゃん」、2014年の「花子とアン」に続き今年で三年連続となります。

今年の「あさが来た・特別編」は「加野屋の大みそか」と題され、お馴染みの出演陣が「今年お世話になった人に年の瀬の挨拶をする」という寸劇が展開されます。

恐らく劇のスタートはスタジオ(加野屋のシーン)で始まり、その後あさ(波瑠)、新次郎(玉木宏)らが加野屋を飛び出し紅白舞台へ乱入。「あさが来た」の主題歌である「365日の紙飛行機」を歌うNMB48のステージに合流するのではないかと予想します。

出演者予想 加野屋が中心

各記事を参照すると、あさ、新次郎、それに女中のうめ(友近)の出演は確定的です。

以下はあくまで予想になってしまいますが、他に加野屋お馴染みのメンバーである、よの(風吹ジュン)、榮三郎(桐山照史)、亀助(三宅弘城)、雁助(山内圭哉)、ふゆ(清原果耶)、弥七(竹下健人)あたりが出演濃厚ではないかと思います。

これに加え、今井家の面々(升毅、寺島しのぶ、興津正太郎)や、ドラマ上ではすでに亡くなっている正吉(近藤正臣)、少女時代のあさ(鈴木梨央)、はつ(守殿愛生)、和歌山へ移住した眉山一家(辰巳琢郎、萬田久子、宮﨑あおい、柄本佑)が出演する可能性も考えられます。

昨年の「花子とアン特別編」では、劇中ではすでに亡くなっていた村岡郁弥(町田啓太)が生き返って(?)出演しており、今年も思わぬキャラクターが登場するかも知れません。

後半戦トップでの出演か

▼「365日の紙飛行機」はAKB48名義による楽曲ですが、紅白では姉妹グループであるNMB48が歌います。

気になる出演時間ですが、NHKによれば「365日の紙飛行機」を歌うNMB48がニュース中断を挟んだ後半戦トップでの出演(9:10くらいから?)となっており、「あさが来た・特別編」はNMB48登場の直前(後半戦開始、午後9時の頭)の時間に放送されるようです。※昨年の「花子とアン特別編」も後半戦スタートである9時から放送されています。

関連記事
「あさが来た・紅白特別編」内容、出演者まとめ
「あさが来た」年末年始の放送予定 いつまで?いつから?
【あさが来た】主題歌・AKB48「365日の紙飛行機」参加(選抜)メンバー、発売日

スポンサードリンク

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

PAGE TOP ↑