【あさが来た】節ちゃん(養之助の結婚相手)を演じるのは寺下怜見

スポンサードリンク

NHK連続テレビ小説「あさが来た」に登場している「節ちゃん」についてまとめます。あわせて、節を演じている寺下怜見(てらした・れみ)についてもまとめます。

養之助の結婚相手・節ちゃん

「節ちゃん(せっちゃん)」こと節は、和歌山・眉山家の次男・養之助(西畑大吾)の幼馴染みで、いつ頃からか養之助と恋人同士の関係にある少女です。

もともと養之助は、ご飯をたくさん食べたいなどという理由で兵隊に志願するようなのんびり屋。家業のミカン畑の仕事も隙を見ては手を抜く、甘えん坊の末っ子でした。

そんな養之助が改心し仕事に真面目に取り組むようになったのも、恋人・節の存在が大きいようです。

3月9日(水)放送回では、養之助と節の結婚が決まり、眉山一家に溶け込む節の様子が描かれました。節は「お母ちゃん、手伝います」と積極的に未来の義母・はつ(宮﨑あおい)に声をかけるなど、気が利く明るい娘である様子。

今後養之助は兵隊にとられる展開となるようなので、「ようちゃん(養之助)」が大好きな節の心の揺れ動きも気になるところです。

女優・寺下怜見

いかにも「村娘」といった素朴な可愛らしさがある節を演じるのは、「ブルーシャトル」という事務所に所属する女優・寺下怜見です。

寺下怜見は、1994年6月22日生まれ・大阪府出身の21歳。大阪信愛女学院に幼稚園から高校まで通い、現在は東京に居を構え芸能活動をしているようです。

3歳からバレエを習っていたとのことで踊り、ダンス系が得意。クラシックバレエ、日本舞踊、ジャズダンス、タップダンスなどが特技として挙げられています。

2003年頃からテレビ大阪のバラエティ番組「イタダキ娘」に出演すると、「おはよう朝日です」(朝日放送・2006年)、「ありったけの勇気」(サンテレビ・2007年)、「運命の鳥」(NHKBS・2012年)、「影武者 徳川家康」(テレビ東京・2013年)、「もんくもん」(読売テレビ・2014年)などにも出演。2006年頃から「劇団ひまわりミュージカル」にも複数回出演しています。

また、CMでも「海苔の大森屋~あて海苔シリーズ~」「JR四国」「関西電力」「アンフィニジャパンソーラー」などに出演しています。

関連記事
【あさが来た】はつ次男・養之助を演じるのは西畑大吾 「ごちそうさん」活男の生まれ変わり!?

スポンサードリンク

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

PAGE TOP ↑