【あさが来た】父・今井忠興は優秀なビジネスマン そのモデルは?

スポンサードリンク

連続テレビ小説「あさが来た」に登場するヒロインの父・今井忠興(升毅)についてまとめます。あわせて、忠興のモデルとなったと思われる人物についてもまとめます。

優秀なビジネスマン・忠興

ヒロイン・あさ(波瑠)の父・忠興は、京都の豪商今井家の当主であり、真面目で頭脳明晰なビジネスマンです。

忠興には三人の子供(はつ、あさ、久太郎)がおり、厳しくも優しい父親として愛情をかけて子供たちを育てています。長男・久太郎に対しては今井家の後継者としての高い教育を、二人の娘、はつとあさに対しては嫁入りした御家をしっかり守るように女性としての躾、たしなみを身につけさせることを重視して育て上げました。

こうした考えから、忠興はあさが幼い頃から学問や商いを学ぼうとすることを良しとせず、時には厳しく叱りつけ、「女性らしく」あるように諭してきました。嫁入り後にあさが加野屋の商売に首を突っ込むことも忠興は良く思っておらず、加野屋の当主・正吉(近藤正臣)に対して申し訳ない気持ちを持っています。

▲「沙粧妙子 最後の事件」での猟奇的な役柄が話題になった升毅。料理の腕はプロ級で、タモリ倶楽部準レギュラー(実質)という輝かしい称号も持つ。

明治の時代を先読み 新政府から重用されるように

女性の生き方に対してはやや保守的な忠興ですが、時代の先を読む嗅覚は抜群。持ち前の情報収集能力もあり、早くから幕府がいずれ倒れることを予見し、明治新政府側に肩入れ、協力をしていきます。

その結果、今井家は明治の新しい世になると新政府から重用されるようになり、活躍の場を京都から東京へと移すことになります。今後、今井家は日本初の民間銀行「今井銀行」を立ち上げるなど、日本を代表する財閥として成長していきます。

こうした忠興の時代を読む目、ビジネスセンスは身内であるあさにとっても心強い武器。あさは時に忠興の意見を聞き入れながら、加野屋の経営を進めていきます。

今井忠興のモデルは?

この今井忠興の直接のモデルは、広岡浅子の実父・三井高益です。高益は三井家始祖・三井高利から分家した「三井十一家」の系譜のひとつで、京都・油小路三井家の当主でした。

ドラマの原案「小説 土佐堀川」によれば、高益はドラマの忠興とは違い、娘・浅子の商才を早くから見抜き、期待を込めて可愛がっています。

その後、父・高益は59歳でこの世を去り、後の油小路三井家は養嗣子の三井高喜が支えています(高益は男子に夭折されており、後継者が居なかった)。三井高喜は浅子の義兄として商売の最初の師匠となり、一族屈指の敏腕家として維新前後の三井家の躍進を支えていくことになります。

以上からドラマの「父・今井忠興」は、「三井高益(父)」と「三井高喜(義兄)」という二人の人物がミックスされ創作された人物と考えてよいでしょう。

また、三井高益(父)が浅子の商才を理解し可愛がったというエピソードは、ドラマでは祖父・今井忠政(林与一)に役割を託されているといえそうです。

▲「三越」「三井銀行」も三井家発祥の企業。詳しくは下の関連記事で。
Photo by: Guilhem Vellut

関連記事
【あさが来た】父・忠興の人生における二つの失敗、後悔とは
【あさが来た】「神様」渋沢栄一と出会う 広岡浅子とは実際に交流があった?
【あさが来た】今井家が関わる「国立銀行」って?モデルは「第一国立銀行」
「あさが来た」ヒロインの生家・今井家の家族構成、出演者まとめ
【あさが来た】今井家のモデル・三井家とは?三井銀行、三越…日本屈指の名家

スポンサードリンク

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

PAGE TOP ↑