【あさが来た】明治29年当時の大阪〜東京間 鉄道所要時間は?

スポンサードリンク

NHK連続テレビ小説「あさが来た」第22週(2月29日〜)では、あさ(波瑠)がたびたび東京へ向かう様子が描かれます。ドラマ開始当初(幕末期)は遥か遠い地であった東京ですが、この頃になると文明開化の恩恵により、だいぶ気軽に行ける場所へと変わってきています。

この記事では、第22週=明治28年〜29年(1896年)当時の大阪〜東京間の鉄道所要時間などをまとめます。

母の急死、寄付金集め…たびたび東京へ

第22週では、母・梨江(寺島しのぶ)が急死したこと、それに、寄付金集めのためなどといった理由で、あさや千代(小芝風花)らがたびたび東京へと向かいます。

思い返せば、あさが五代の薦めにより初めて東京の地を踏んだのが明治11年(第13週)のことでした。この時、あさは大阪港から船に乗って横浜港へと向かい、そこから鉄道で新橋へと降り立っています。文明開化の時代が始まっていたとはいえ、大阪〜東京間はまだまだ遠い旅路でした。

グッと近くなった大阪〜東京

あさの東京初訪問(明治11年)から18年ほどの歳月が流れ、大阪〜東京間の交通もかなり便利になっているようです。

史実によればその後、明治22年(1889年)に新橋〜神戸間で鉄道が全線開通し(所要20時間強)、明治29年(1896年)には新橋〜神戸間で急行列車の運行が始まり、東京と神戸が17時間余りで結ばれています。

第22週で描かれる時代はちょうどこの明治29年頃のことで、大阪〜東京間がおおよそ16時間程度で結ばれていたことになります(※神戸大阪間の所要時間を一時間程度として計算しています)。

超特急「燕」、新幹線「ひかり」そして「のぞみ」

その後、日本の鉄道は次第に高速輸送の時代に突入していき、東京〜関西間の所要時間が少しずつ短縮されていきます。

中でも昭和5年(1930年)に登場した超特急「燕」が東京〜神戸間を9時間で、東京五輪とともに開業した東海道新幹線(ひかり0系)が東京〜新大阪間を3時間10分(1965年)で結ぶなど、技術革新によりグングン時間が短縮されていきます。2016年現在では、東京~新大阪間は東海道新幹線「のぞみ」によって2時間33分程度で結ばれています。

関連記事
【あさが来た】明治11年、あさ東京初出張 原作では明治元年に東京へ

スポンサードリンク

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

PAGE TOP ↑