【べっぴんさん】第1回・10月3日(月)あらすじ、登場人物キャスト すみれの少女時代

スポンサードリンク

いよいよ10月3日(月)から放送がスタートしたNHK連続テレビ小説「べっぴんさん」。

この記事では、第1回放送のあらすじ・内容、ならびに登場人物・キャストをまとめます。

第1話 あらすじ

それぞれの終戦

物語最初のシーンは、終戦直後。

焼け野原となった神戸で、後にともに事業を興すことになるすみれ(芳根京子)、良子(百田夏菜子)、君枝(土村芳)、明美(谷村美月)らがそれぞれ茫然と立ち尽くし、これからどう生きていけばよいのか途方に暮れる場面から始まります。

「キアリス」創立20周年パーティ

場面は変わり、昭和44年。すみれと友人たちが興した子供用品会社「キアリス」は創立20年を迎え、盛大なパーティーを開きます。すみれは、これまで支えてくれた姉の夫・野上潔(高良健吾)のスピーチを聞きながら、この会社の「原点」である "すみれの刺繍" を握りしめてしました。その刺繍は、亡くなった母・はな(菅野美穂)との大切な思い出の品なのでした。

以上二つのプロローグを経て、いよいよストーリーは本題に突入。場面は昭和9年の神戸、すみれ9歳の時代に戻ります。

すみれの少女時代 病気の母

父・五十八(生瀬勝久)の会社「坂東営業部」の成功により、豪華なお屋敷に住んでいるすみれ。五十八は娘たちに華麗な服を仕立てて着せますが、すみれは気に入らない様子です。

母・はなは病気で入院しており、すみれはお見舞いの日を心待ちにしていました。

母のことが大好きなすみれは、お見舞いの日にあわせて母のために「すみれ」と「ゆり」の刺繍を縫い上げますが(お世辞にも上手とは言えない出来)、父に「なんやこれ!」とバカにされてしまい、傷つきます。

悔しくて悲しくてフテ寝をするすみれでしたが、それでも「上手くなりたい」という気持ちが勝り、すみれは再び夜なべをして、刺繍を縫い始めるのでした…。

第1話 登場人物、キャスト一覧

坂東すみれ(芳根京子)
坂東五十八(生瀬勝久)
坂東はな・語り(菅野美穂)
野上ゆり(蓮佛美沙子)

坂東すみれ・少女時代(渡邉このみ)
坂東ゆり・少女時代(内田彩花)

野上潔(高良健吾)
坂東紀夫(永山絢斗)
小野明美(谷村美月)
野上正蔵(名倉潤)
小澤良子(百田夏菜子)
村田君枝(土村芳)
井口忠一郎(曾我廼家文童)
佐藤喜代(宮田圭子)

(役名なし)
金子珠美
阪東浩考
増岡恵美
森本凛
池田橙哉

関連記事
【べっぴんさん】第2回・10月4日(火)放送分あらすじ、登場人物キャストまとめ
【べっぴんさん】第3回・10月5日(水)放送分あらすじ、登場人物キャストまとめ
【べっぴんさん】第4回・10月6日(木)放送分あらすじ、登場人物キャストまとめ
【べっぴんさん】第5回・10月7日(金)放送分あらすじ、登場人物キャストまとめ
【べっぴんさん】第6回・10月8日(土)あらすじ、登場人物キャスト 潔に召集令状、悦子様登場
【べっぴんさん】第1回役名クレジットで4人の結婚相手がわかる【ネタバレ?】
【べっぴんさん】すみれの少女時代を演じる子役は渡邉このみ 5歳の「まれ」も演じた
【べっぴんさん】四つ葉のクローバーが持つ意味、象徴とは 4人の仲間、4人の家族

スポンサードリンク

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

女優 ヒストリア 釣りバカ日誌 軍師官兵衛 ナポレオンの村 東京都北区赤羽 あまちゃん 信長協奏曲 サブカル マッサン 映画 音楽 ごちそうさん べっぴんさん まれ 醸造 NHK ドラマ タモリ倶楽部 やすらぎの郷 あさが来た 朝ドラ 真田丸 大阪 ロケ地 とと姉ちゃん ど根性ガエル 歴史 下町ロケット ひよっこ 俳優 アイドル 視聴率 美女と男子 花子とアン 地域文化 天皇の料理番 ブラタモリ 花燃ゆ 食文化
PAGE TOP ↑