【べっぴんさん】第6回・10月8日(土)あらすじ、登場人物キャスト 潔に召集令状、悦子様登場

スポンサードリンク

NHK連続テレビ小説「べっぴんさん」10月8日(土)放送、第6回分のあらすじ、出演キャストなどをまとめます。

この日の放送では、すみれの女学校生活の様子が描かれるとともに、すみれが潔に対し淡い恋心を抱く姿も見られました。

坂東営業部にも戦争の暗い影

時は昭和17年(1942)。神戸の町が初めての空襲被害を受け、戦争の暗い影が坂東家やすみれ(芳根京子)の周囲にも忍び寄っていました。

坂東営業部は戦争の影響を受けて経営状態が悪化し、戦地から帰国した社員の雇用確保に苦心する状況。坂東家でも井口忠一郎(曾我廼家文童)、佐藤喜代(宮田圭子)以外の使用人を解雇しなければならないなど、五十八(生瀬勝久)の悩みのタネは尽きません。

五十八はこうした苦しい社会状況を理由に、二人の娘ゆり(蓮佛美沙子)、すみれには安定した家庭に入り幸せな結婚をして欲しいと望んでいました。しかし、勉学を重ねいずれ坂東営業部を継ぎたいと考えているゆりは、こうした父の考えに反発します。

手芸倶楽部と悦子様

一方、すみれは女学校の同級生・多田良子(百田夏菜子)、田坂君枝(土村芳)とともに手芸倶楽部を結成していました。

日米開戦の影響により新しい手芸用品が手に入りにくい中、何とか材料を工面して手芸活動を続けていた三人。しかし、同級生の「悦子様」こと高西悦子(滝裕可里)に「チクチクお裁縫がご趣味」などと嫌味を言われてしまうなど、女学校の雰囲気もピリピリしたものになっていました。

潔の召集令状に涙

その頃、野上潔(高良健吾)の元には召集令状が届いていました。それを聞いたすみれはなぜか涙が止まらなくなり、自身の潔に対する淡い恋心に気がつきます。

一方、姉のゆりもまた、潔に思いを寄せていたのでした…。

第6回 内容総括

五十八が貴族院議員になるなど隆盛を極めていた坂東家でしたが、急速に御家事情は悪化していきます。このあおりを受けたのが、解雇されてしまった女中・小野マツ(中島ひろ子)とその娘・小野明美(谷村美月)でした。明美は坂東家の「身勝手さ」に憎悪を募らせるとともに、貧しさを脱して自立するために懸命に努力を重ねていくことになります。

一方、良子、君枝、それに「悦子様」といった女学校の友人たちのキャラクターが次第に明かされています。

生まれたときから病弱で、人並みのことが出来ず苦悩する君枝(でもちょっと気が強い)。明るいお調子者で、色恋話が好きな良子。そして、三人組に強烈なイヤミをかましてくる「ヒール役」の悦子様。彼女たちが脇で光ってくると、ドラマも面白くなってきそうです。

第6回 登場人物、出演キャスト

坂東すみれ(芳根京子)
坂東五十八(生瀬勝久)
坂東はな・語り(菅野美穂)
坂東ゆり(蓮佛美沙子)

野上潔(高良健吾)
野上正蔵(名倉潤)
麻田茂男(市村正親)

小野明美(谷村美月)
多田良子(百田夏菜子)
田坂君枝(土村芳)
高西悦子(滝裕可里)

井口忠一郎(曾我廼家文童)
佐藤喜代(宮田圭子)
小野マツ(中島ひろ子)

坂東すみれ・少女時代(渡邉このみ)
坂東ゆり・少女時代(内田彩花)
野上潔・少年時代(大八木凱斗)
小野明美・少女時代(坪内花菜)

(役名なし)
金子珠美
三矢家ゆうじ
出口亜梨沙
三宅唯真

関連記事
【べっぴんさん】第1回・10月3日(月)放送分あらすじ、登場人物キャストまとめ
【べっぴんさん】第2回・10月4日(火)放送分あらすじ、登場人物キャストまとめ
【べっぴんさん】第3回・10月5日(水)放送分あらすじ、登場人物キャストまとめ
【べっぴんさん】第4回・10月6日(木)放送分あらすじ、登場人物キャストまとめ
【べっぴんさん】第5回・10月7日(金)放送分あらすじ、登場人物キャストまとめ

スポンサードリンク

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

ごちそうさん サブカル 東京都北区赤羽 べっぴんさん 花子とアン 地域文化 NHK ブラタモリ タモリ倶楽部 ナポレオンの村 軍師官兵衛 真田丸 あさが来た 釣りバカ日誌 ドラマ 音楽 ロケ地 美女と男子 映画 やすらぎの郷 あまちゃん 俳優 まれ 食文化 マッサン 信長協奏曲 歴史 ど根性ガエル 朝ドラ 大阪 女優 天皇の料理番 花燃ゆ ヒストリア 下町ロケット 醸造 アイドル とと姉ちゃん 視聴率 ひよっこ
PAGE TOP ↑