【べっぴんさん】第9回・10月12日(水)あらすじ、登場人物キャスト すみれに見合い話が舞い込む

スポンサードリンク

NHK連続テレビ小説「べっぴんさん」10月12日(水)放送、第9回分のあらすじ、出演キャストなどをまとめます。

ゆりの結婚披露宴で祖母のトク子から両親の苦難の時代を聞かされたすみれは、「家を継ぐこと」の意味を改めて考えることになります。そんなすみれにも縁談が持ち込まれ…。

父母の苦労を聞いたすみれ

ゆり(蓮佛美沙子)と潔(高良健吾)の結婚披露宴には、近江の坂東本家の人々も参加していました。その席ですみれ(芳根京子)は、祖母・トク子(中村玉緒)から両親の苦難の時代の話を聞きます。

それによれば、近江で布の売り買いをしていた家の次男坊として生まれた父・五十八(生瀬勝久)は、家業の得意先の一部を譲られると早くから商才を発揮。すぐに事業を拡大させますが、やがて長男の長太郎(本田博太郎)から「坂東家のため」との名目で育てた事業を譲るように迫られました。

不本意ながら兄に事業を譲った五十八は家を飛び出し、妻・はな(菅野美穂)とともに大坂で近江の布を卸す商いを始めました。夫婦は身を粉にして働き、現在の「坂東営業部」を築き上げたのです。

こうした苦労があったからこそ、どうしても五十八は夫婦で築いたものを娘たちに継いで欲しかったのだろう…。そんなトク子の話を聞いて、改めてすみれは「家を継いでいくこと」の意味を考えることになります。

すみれに縁談 相手を確認せずに飛びつく

ゆりの結婚から半年が過ぎた、昭和18年の新年早々。すみれは五十八からある縁談を打診されます。五十八によれば、相手は三人兄弟の三男で以前から婿にどうかと言われていたとのこと。

姉・ゆりが家を出た以上、家を絶やさないために自分が坂東家を継ごうと考えていたすみれは、相手の確認もせずに、この縁談話に飛びつきます。しかし、いざそのお相手の写真を見せてもらうと、あの田中紀夫(永山絢斗)だったのです…。

第8回総括、内容まとめ

次女という立場もあり、将来のことも考えずマイペースに生きてきたすみれでしたが、姉がお嫁に出てしまったことで急速に「跡取り娘」としての自覚が生じ始めます。そんなすみれのもとにタイミングよく舞い込んで来たのが、「何を考えているのかよくわからない男」、田中紀夫との縁談でした。

一方で、同級生の多田良子(百田夏菜子)にも十五歳年上の男性(お相手を演じるのは田中要次!)との縁談が持ち込まれます。二週目にして次々に主要登場人物の結婚話が描かれるという、朝ドラとしては異例のスピード展開になっています。

※坂東すみれ・田中紀夫のモデル人物である、坂野惇子・通夫夫妻はお見合い結婚ではなく、学生時代に偶然出会って以来交際を続け、結婚に至っています。

第9回登場人物・登場キャスト

坂東すみれ(芳根京子)
坂東五十八(生瀬勝久)
坂東はな・語り(菅野美穂)
坂東ゆり(蓮佛美沙子)

田中紀夫(永山絢斗)
野上潔(高良健吾)
野上正蔵(名倉潤)
坂東トク子(中村玉緒)
坂東長太郎(本田博太郎)

多田良子(百田夏菜子)
田坂君枝(土村芳)
高西悦子(滝裕可里)

井口忠一郎(曾我廼家文童)
佐藤喜代(宮田圭子)

坂東すみれ・少女時代(渡邉このみ)
坂東ゆり・少女時代(内田彩花)

(役名なし)
出口亜梨砂
三宅唯真

関連記事
【べっぴんさん】第7回・10月10日(月)あらすじ、登場人物キャスト ゆりの直談判 潔への「告白」
【べっぴんさん】第8回・10月11日(火)あらすじ、登場人物キャスト ゆりと潔が結婚 長太郎初登場
【べっぴんさん】第10回・10月13日(木)あらすじ、登場人物キャスト すみれの結婚、妊娠
【べっぴんさん】第11回・10月14日(金)あらすじ、登場人物キャスト さくらを出産、明美と再会
【べっぴんさん】第12回・10月15日(土)あらすじ、登場人物キャスト 近江に疎開、そして終戦

スポンサードリンク

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

ナポレオンの村 女優 東京都北区赤羽 まれ 下町ロケット 醸造 ドラマ 食文化 NHK 信長協奏曲 花子とアン マッサン 大阪 ロケ地 ど根性ガエル 歴史 サブカル タモリ倶楽部 ひよっこ 視聴率 音楽 真田丸 ヒストリア 天皇の料理番 アイドル ごちそうさん 美女と男子 地域文化 ブラタモリ 俳優 映画 花燃ゆ べっぴんさん 釣りバカ日誌 軍師官兵衛 朝ドラ とと姉ちゃん あさが来た あまちゃん 孤独のグルメ
PAGE TOP ↑