【べっぴんさん】第11回・10月14日(金)あらすじ、登場人物キャスト さくらを出産、明美と再会

スポンサードリンク

NHK連続テレビ小説「べっぴんさん」10月14日(金)放送、第11回分のあらすじ、出演キャストなどをまとめます。

この日の放送では紀夫の出征、すみれの出産、明美との再会などが描かれました。いよいよ神戸でも本格的に空襲が始まり、重苦しい時代の空気に包まれました。

紀夫の出征、「さくら」命名

出征が決まった紀夫(永山絢斗)は、生まれてくる赤ちゃんの命名をすみれ(芳根京子)に託します。

もし男の子が生まれた場合、坂東家の跡継ぎとして五十八(生瀬勝久)に命名をしてもらうこと。もし女の子が生まれた場合は、「さくら」と名付けて欲しいことをすみれに伝えます。「さくら」という名前には、紀夫なりの想いが込められていたのでした。

【べっぴんさん】紀夫が娘を「さくら」と命名した理由

すみれ、女の子を出産

紀夫が出征してしまうと、いよいよ坂東家の生活も苦しくなっていきます。お屋敷の庭を家庭菜園にして急場をしのぐものの食糧不足は深刻で、出産を控えたすみれも栄養不足に悩まされます。

そして昭和19年6月。すみれは無事に女の子を出産し、赤ちゃんを「さくら」と名付けます。すみれは栄養不足によりお乳が満足に出ないなど、戦時中ならではの育児の大変さを味わいます。

明美との再会

ある日、すみれは通りかかった近所の洋館の庭でクリスティーナ(アナンダ)ら外国人女性が育児法の講習を受けている場面に遭遇します。クリスティーナはすでに本国に帰国することが決まっており、余ったミルクをすみれに分け与えると、一緒に育児講習を受けないかとすみれを誘います。

クリスティーナたちに育児法を教えていた人物は、かつて坂東家で女中をしていたマツの娘・小野明美(谷村美月)でした。明美はすぐにすみれの存在に気がつきますが、すみれに対して複雑な感情を抱いており、知らない振り。一方のすみれは、その女性が明美であることにまったく気がつかないのでした。

そして神戸の街もついに空襲が始まり、すみれは乳飲み児を抱えて防空壕へと身を潜めるのでした…。

第11回放送の総括、まとめ

紀夫の出征、すみれの出産、明美との再会、空襲開始と、またまた15分のうちにめまぐるしく物語は進みました。

この日の放送で、すみれは後に事業の重要なパートナーとなっていく明美と再会しています。母・マツの解雇などにより苦労をした明美は、坂東家のお嬢様・すみれに対し憎しみに近い感情を持っており、二人がわかり合うまでにはまだまだ時間がかかりそうです。

第11回登場人物、出演キャスト

坂東すみれ(芳根京子)
坂東五十八(生瀬勝久)
坂東はな・語り(菅野美穂)
野上ゆり(蓮佛美沙子)
坂東紀夫(永山絢斗)

小野明美(谷村美月)
井口忠一郎(曾我廼家文童)
佐藤喜代(宮田圭子)

田中五郎(堀内正美)
田中富美(押谷かおり)
クリスティーナ(アナンダ)

小野マツ(中島ひろ子)
坂東すみれ・少女時代(渡邉このみ)
小野明美・少女時代(坪内花菜)

(役名なし)
鳥井美由季
木村文音
山本柚月
乾沙蘭
高崎夢架

関連記事
【べっぴんさん】第7回・10月10日(月)あらすじ、登場人物キャスト ゆりの直談判 潔への「告白」
【べっぴんさん】第8回・10月11日(火)あらすじ、登場人物キャスト ゆりと潔が結婚 長太郎初登場
【べっぴんさん】第9回・10月12日(水)あらすじ、登場人物キャスト すみれに見合い話が舞い込む
【べっぴんさん】第10回・10月13日(木)あらすじ、登場人物キャスト すみれの結婚、妊娠
【べっぴんさん】第12回・10月15日(土)あらすじ、登場人物キャスト 近江に疎開、そして終戦

スポンサードリンク

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

視聴率 まれ マッサン ロケ地 信長協奏曲 美女と男子 大阪 あまちゃん 下町ロケット 歴史 アイドル 軍師官兵衛 食文化 花子とアン NHK ど根性ガエル 俳優 天皇の料理番 タモリ倶楽部 ひよっこ ヒストリア ごちそうさん 醸造 釣りバカ日誌 やすらぎの郷 ドラマ 地域文化 真田丸 女優 音楽 とと姉ちゃん 花燃ゆ あさが来た サブカル べっぴんさん ナポレオンの村 朝ドラ 映画 ブラタモリ 東京都北区赤羽
PAGE TOP ↑