【べっぴんさん】第15回・10月19日(水)あらすじ、登場人物キャスト 麻田の重大なアドバイス

スポンサードリンク

NHK連続テレビ小説「べっぴんさん」10月19日(水)放送、第15回分の内容あらすじ、出演キャストなどをまとめます。

この日の放送で、久しぶりに「あさや」店主・麻田茂男を訪ねたすみれは、麻田から「運命の分かれ道」ともなる重要なアドバイスを受けることになります。

「自分の足で生きろ」潔の言葉

生活費に困り、家族との思い出の品々をお金に換えようと決意したすみれ(芳根京子)は、ゆりと潔を訪ね、そのことを相談してみます。

潔は「わしが現金に換えてやる」と相変わらずの男気を見せますが、同時に「すみれちゃんも、自分の手で仕事して自分の足で生きなあかん。昔のようにお嬢ちゃんのままではいられへんのやで」とすみれの自立を促します。

「あさや」で運命の歯車が動き出す

どうにもお金に困ったすみれは、久しぶりに「あさや」を訪ね、麻田茂男(市村正親)に手持ちの靴を売ってもらえないか相談してみることにします。

久しぶりのすみれとの再会を喜ぶ麻田でしたが、すみれが靴を売って欲しいと持ち出すと、その表情は一変。すみれが見せたその靴は、麻田がすみれのために丹精込めてこしらえた一品物だったのです。

「他の人に売るやなんて、堪忍してください…」そう言って断る麻田に、すみれは娘・さくらを食べさせなければいけないことを訴え、写真ケースに入れたすみれの写真を麻田に見せます。

さくらの可愛さに感心していた麻田ですが、やがてすみれお手製の写真ケースに目が留り…。

第19回内容まとめ、総括

この日の放送で、潔の友人・岩佐栄輔(松下優也)が初登場し、すみれに一目惚れ(?)をしたかのような反応を示しました。今後、栄輔はすみれを見守り、支える重要な人物になっていきます。栄輔は潔とともに坂東営業部の復活に奔走していくとのことで、こちらの方面でも重要な人物となっていきそうです。

この日の最大の注目点は、麻田茂男がすみれに与えた「アドバイス」。すみれ自作の写真ケースを見て感心した麻田は、自身の店の一角で手芸品を売ってみてはどうかと提案します。

このエピソードは、すみれのモデル人物・坂野惇子の実話がもとになっています。

生活に困り「モトヤ靴店」にハイヒールを売りにいった坂野惇子は、惇子自作の写真ケースなどを見た店主・元田蓮から店の一角のショーケースを使って手芸品を売ってみないかとの提案を受け、仲間たちと「ベビーショップ・モトヤ」を開店させています。

関連記事
【べっぴんさん】第13回・10月17日(月)あらすじ、登場人物キャスト 正蔵亡くなる 潔の帰還
【べっぴんさん】第14回・10月18日(火)あらすじ、登場人物キャスト 大阪・梅田の闇市登場
【べっぴんさん】第16回・10月20日(木)あらすじ、登場人物キャスト シャーロット初登場!
【べっぴんさん】第17回・10月21日(金)あらすじ、登場人物キャスト 手芸教室も空回り
【べっぴんさん】第18回・10月22日(土)あらすじ、登場人物キャスト 明美に気がつく

スポンサードリンク

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

PAGE TOP ↑