【べっぴんさん】シャーロット・ケイト・フォックスが登場 演じる役柄エイミー・マクレガーとは

スポンサードリンク

NHK連続テレビ小説「べっぴんさん」に、「マッサン」でヒロインを務めた米国人女優、シャーロット・ケイト・フォックスが登場することがわかりました。

この記事では、シャーロットが「べっぴんさん」で演じる役柄や、シャーロット起用の理由などについてまとめます。

シャーロットが「べっぴんさん」に登場!

2014年に放送された朝ドラ「マッサン」で、ヒロインのエリー役を好演し、広く日本国内で愛される女優となったシャーロット・ケイト・フォックス。

このほどNHKから、現在放送中の朝ドラ「べっぴんさん」にシャーロット・ケイト・フォックスが登場することが発表されました。

エイミー・マクレガーとは 登場は第3週

シャーロットが「べっぴんさん」で演じるのは、第3週の10月20日(木)から登場する外国人女性、エイミー・マクレガー役です。

第3週に入ると、戦争の混乱により生活苦に陥ったヒロイン・すみれ(芳根京子)は自作の小物、手芸品を「あさや」の一角で売り始めます。素人商売でさっぱり商品が売れず落胆するすみれでしたが、唯一購入してくれたお客さんが、エイミーの夫である通訳のジョン・マクレガーでした。

エイミーは夫からプレゼントされたすみれ自作の小物を喜んでくれたようですが、妊娠中で体調が悪く、寝込んでいる状態とのこと。それを聞いたすみれは、エイミーのために何か役に立ちたいと考え、浴衣をほどいて丹精込めて作り上げた「日本式のおしめ」を持参しますが…。

重要な役柄 シャーロットを抜擢

シャーロット演じるエイミーとの間に起こる出来事は、商いを始めたばかりのすみれにとって大きな学びの機会となります。このエイミーとの交流を通して、すみれは将来の飛躍に向けた大きなキッカケをつかむことになります。

エイミーとの一連のエピソードは、物語において重要な位置付けになるとのこと。NHK側もその重要性を踏まえて、シャーロットに出演オファーを出したとのことです。

エイミーは1回限りの単発ではなく、複数回にまたがる出演。初々しい芳根京子と、今も朝ドラファンの心に残るシャーロット。新旧ヒロインの共演は、大きな話題となりそうです。

関連記事
「マッサン」のヒロインがシャーロット・ケイト・フォックスに決定 夫役は玉山鉄二
シャーロット・ケイト・フォックスがブロードウェイ「CHICAGO」主役に抜擢 日程、選考理由は?
マッサン・オリジナルサウンドトラック シャーロット・ケイト・フォックスも歌っている!

スポンサードリンク

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

PAGE TOP ↑