【べっぴんさん】麗子(派手な女)を演じるのは女優・いちえ

スポンサードリンク

NHK連続テレビ小説「べっぴんさん」第5週に登場する「麗子」という女性についてまとめます。

また、演じている女優・いちえについてまとめます。

派手な女・麗子

すみれ(芳根京子)たちが開店させた「ベビーショップあさや」は、時子(畦田ひとみ)ら商店街の女性たちがやってくるなどして賑わい始めていました。

そんな中、派手な身なりで米兵を連れ歩く女・麗子(いちえ)が来店すると、時子たちはさーっと波が引くように帰ってしまい、良子(百田夏菜子)も露骨に戸惑って店の奥に引っ込んでしまいます。

麗子はそんな気配を察しつつも、田舎の姪っ子のためにとたくさんの商品を購入します。すみれと君枝(土村芳)もそれを喜び、笑顔で応対。麗子は満足そうに店を後にします。

麗子の来店でにわかに暗雲が…

いかにも誤解されそうな、派手な格好をしている麗子の来店は、「ベビーショップあさや」にちょっとした波乱を巻き起こします。

麗子の身なりを見て不快感を露わにしてしまう良子、そしてそれをいつもの強い口調で咎める明美(谷村美月)…。意気投合して開店したはずの四人でしたが、早くもほころびが見え始めます。

女優・いちえ


▲「MC企画」のタレント紹介ページ。画像クリックでリンク先に飛びます。

麗子を演じるのは、大阪出身の23歳の女優「いちえ」です。今回は派手な身なりに甲高い声のキワモノ的役柄ですが、普段は可愛らしい女優さんです。

「MC企画」という事務所のドラマ部門に所属するいちえは、「アカデミー児童劇団」出身。NHK「漫才デラックス」「放送90年ドラマ・経世済民の男 小林一茶」、ABC「ガラスの地球を救え」、BBC「教えて!!ジンケンダー」などへのテレビ出演経験があります。

また、「そのロウソクを吹き消してくれ」「奇跡の人」「曽根崎心中」「オデッセイ」など舞台作品にも多数出演しており、2016年11月4日から始まる大阪松竹座の舞台「笑う門には福来たる〜女興行師 吉本せい〜」にも出演。同舞台では、憧れだという藤山直美と共演を果たしています。

吉本興業の創始者・吉本せいを主人公に、笑いあり涙ありの奮闘記を描く「笑う門には福来たる〜女興行師  吉本せい〜」。面白そう!

▼関連記事
2017年秋の新朝ドラは「わろてんか」 ヒロイン・藤岡てんのモデルは吉本興業創業者・吉本せい

スポンサードリンク

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

PAGE TOP ↑