【べっぴんさん】昭和44年 主要登場人物の年齢、役職まとめ

スポンサードリンク

NHK連続テレビ小説「べっぴんさん」は、2月20日(月)放送の第21週から時代が7年進み、昭和44年(1969年)になっています。

この記事では、昭和44年当時の主要登場人物の年齢、役職、近況などをまとめてみます。

三宮に本社移転 100人を超える規模に

大阪万博が開かれる前年の昭和44年。この頃になると、キアリス本社は三宮にあるオフィスビルに移転し、社員・アルバイトをあわせると100人を超える大所帯となっています。主要初期メンバーはそれぞれに役職を持ち、責任のある立場となっています。

以下、キアリス主要メンバーの昭和44年現在の年齢、役職などをまとめます。

創業メンバー

・社長 坂東紀夫(50)
・専務 坂東すみれ(44)
・デザイン部責任者 小澤良子(44)
・デザイン部責任者 村田君枝(44)
・育児相談部長 小野明美(45)

古参社員

・開発宣伝部長 足立武 (36)…雑貨開発や社の宣伝を担当する部署の責任者に。
・人事部長 中西直政(32)…入社9年目。メガネをかけはじめる。
・販売員指導係 小山悦子(44)…新人の接客教育を一手に引き受ける

開発宣伝部員(第21週から登場)

・寺田明日香(26)…美術大学出身者。さくらと大学は違うが同じ研究会の先輩。雑貨の開発デザインなどを担当。
・佐藤久美子(33)…オモチャメーカー経験者。雑貨の企画開発などを担当か。
・島野直子(23)…キアリスの広告宣伝などを担当か。

キアリス社外の人物

・坂東さくら(25)…東京美術大学を卒業後、アメリカに2年留学。デザインを専攻。健太郎と交際中。
・村田健太郎(25)…東京大学卒業後、アメリカに2年留学。経営学を専攻。さくらと交際中。
・小澤龍一(26)…世界放浪中。たまに手紙が来る。現在はメキシコに滞在中。
・小澤勝二(59)…定年を迎え、旧キアリス事務所で物書きにふける日々。これからの身の振り方を考え中。

関連記事
【べっぴんさん】芳根京子と井頭愛海ほか、親子役の女優・実年齢差は?
【べっぴんさん】主要登場人物年齢、年齢差まとめ(昭和34年時点)
【べっぴんさん】すみれの年齢、年表、放送週まとめ

スポンサードリンク

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

PAGE TOP ↑