ドラマ「美女と男子」秋田娘・田中幸子も踊った「秋田音頭」名物唄う歌詞とは?

スポンサードリンク

NHKドラマ10「美女と男子」より。新生・ひのでプロダクションの「第一号タレント」として登場し、可愛らしい秋田弁で一躍人気キャラクターとなっている田中幸子(蔵下穂波)。

彼女が今は亡き一子の父・篤史(中原丈雄)とともに踊り、演技に悩む遼(町田啓太)が殻を破るキッカケともなった「秋田音頭」についてまとめます。

陽気なラップ?「秋田音頭」掛け声

秋田県を代表する民謡として知られる「秋田音頭」。陽気な掛け声と秋田方言が面白く、リズミカルな曲調もあって酒宴の席では大いに盛り上がります。もともと藩政時代は「御国(みくに)音頭」などと呼ばれた盆踊りで、明治時代に「秋田音頭」と呼ばれるようになりました。

ヤートセー コラ 秋田音頭です
(ハイ キタカサッサー コイサッサー コイナー)

コラ いずれ是より 御免被り
音頭の無駄を言う(アー ソレソレ)
当たり障りも 有ろうとけれども さっさと出し掛けな
(ハイ キタカサッサー コイサッサー コイナー)

といった出だし部分の掛け声以外はラップ調で、言葉さえ乗れば替え唄を作りやすいという特徴があります。そのため、発表されたものだけでも数百に及ぶ歌詞が存在するそうです。

秋田名物 八森ハタハタ…大館曲輪っぱ!

中でも一番有名なのが、「美女と男子」で田中幸子も唄っていた以下の歌詞。

秋田名物 八森ハタハタ (あきためいぶつ はちもりはたはた)
男鹿では 男鹿鰤コ (おがでは おがぶりこ)
能代春慶 檜山納豆 (のしろしゅんけい ひやまなっと)
大館曲輪っぱ (おおだてまげわっぱ)

※1 八森=県北西の八森町(現在の八峰町)。
※2 鰤コ=ブリの子ではなく、ハタハタの卵を指す。
※3 春慶=飛騨高山から伝わったという漆器・春慶塗(しゅんけいぬり)。
※4 檜山=旧檜山町。現在は能代市南部。かつて納豆が名産だった。
※5 曲輪っぱ=曲物の食物容器。経済産業大臣指定伝統的工芸品。

秋田を唄う様々な歌詞…

他の代表的な歌詞もいくつか挙げておきます。

秋田良い処(とこ) 名物たくさん
東北一番だ
金山木山花咲く公園
美人が舞い踊る
秋田の国では 雨が降っても
唐傘(からかさ)など要らぬ 手頃の蕗の葉
さらりと差し掛け
さっさと出て行くかえ
秋田の女子(おなご)何して綺麗だと
聞くだけ野暮だんす
小野小町の生まれた在所
お前はん知らぬのけ

関連記事
ブラタモリにも登場した民謡「川越舟歌」とは
【美女と男子】秋田娘・田中幸子役 蔵下穂波は「あまちゃん」の喜屋武ちゃん
【美女と男子】「新生・ひのでプロ」立ち上げ時メンバー一覧

スポンサードリンク

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

PAGE TOP ↑