【美女と男子】芸能プロダクション「ひのでプロ」の雑居ビル・ロケ地は?

スポンサードリンク

2105年4月15日(火)から放送が開始されたドラマ10「美女と男子」。

今をときめくIT企業「斑目コーポレーション」から突然出向(実質左遷)を命じられ、経営が傾いている芸能プロダクション「ひのでプロ(ひのでプロモーション)」にやってきた沢渡一子(仲間由紀恵)の奮闘物語です。

下町の一角、スカイツリーのお膝元

このドラマに登場する「ひのでプロ」の事務所は、東武伊勢崎線(東武スカイツリーライン)の「とうきょうスカイツリー駅」からほど近い雑居ビルの一室という設定。仲間由紀恵が「とうきょうスカイツリー駅」から事務所まで歩くシーンもありました。

調べてみたらところ、撮影で実際に使われたビルもこの一帯に実在する雑居ビルでした。以下、「ひのでプロ」ロケ地をまとめます。

「ひのでプロモーション」雑居ビル・ロケ地「サウナ言問」

「ひのでプロ」の事務所があるビルは、「サウナ言問」が入っている「新晃ビル」です。住所は東京都墨田区向島。「とうきょうスカイツリー駅」からは徒歩9分、押上駅からは10分、浅草駅からは15分と交通至便で、雑然とした路地が広がる典型的な「下町」と言われる地区です。

▲「雑居ビル」ロケ地として重宝される「新晃ビル」。背後にはスカイツリー、周辺は雑然とした下町の風景。仲間由紀恵がこの町並みを歩いていたと思うとちょっと面白い。

この「サウナ言問」が入る「新晃ビル」ですが、積極的に映像等の撮影ロケ地として貸し出しています。部屋や廊下、屋上などとともに、レトロな味わいがあるランドリーやサウナもロケ地として利用が出来ます。「サウナ言問」自慢だという井戸水風呂は水温が24℃で、なかなかのハードボイルド。色々と撮影が捗りそうです。

過去にも撮影が…

「サウナ言問・ホームページ」などの情報によれば過去にこのビルは、ドラマ「匿名探偵」(テレビ朝日)、「ガールズトーク」(テレビ朝日)などの撮影に使われ、他に雑誌の撮影にも利用されているようです。なかなか味のある雑居ビルなので、撮影地として重宝されているようです。

墨田区「すみだフィルムコミッション」

墨田区では「すみだフィルムコミッション」という一般社団法人・墨田区観光協会が窓口となるロケ地の紹介、斡旋、支援事業を行っています。

この「サウナ言問」のビルでの撮影もその一貫のようで、他に「スカイツリーの風景」や「隅田川の川沿いの風景」、「町工場と職人の風景」などなど、地域資源をロケ対象物とすることで墨田区のイメージアップや観光客誘致などを図っています。

関連記事
【美女と男子】「新生・ひのでプロ」立ち上げ時メンバー一覧
【美女と男子】一子が飛ばされる「ひのでプロ」メンバー一覧
「美女と男子」仲間由紀恵と町田啓太は「花子とアン」でも共演 その役柄は?
【美女と男子】「ハローマイラブ」一発屋・たどころ晋也は高橋ジョージ本人がモデル?

スポンサードリンク

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

PAGE TOP ↑