テレビドラマ「ど根性ガエル」主題歌はザ・クロマ二ヨンズ「エルビス(仮)」発売日は?

スポンサードリンク

2015年7月11日(土)から放送が始まった日本テレビの実写版ドラマ「ど根性ガエル」。この記事では、ドラマ版「ど根性ガエル」のオープニングテーマ曲、主題歌(エンディングテーマ曲)についてまとめます。

オープニングテーマ曲はお馴染み「ど根性ガエル」

まずはオープニングテーマ曲。「ピョコン ペタン ピッタンコ!」で歌が始まり、「ドッコイ生きてる シャツの中〜♪」で締める歌詞は、往年のテレビアニメ放送でお馴染みのテーマ曲「ど根性ガエル」。アニメではこの曲が第一回放送から最終回まで使われました。

作詞は「東京ムービー企画部」、作曲・編曲は「広瀬健次郎」。テレビアニメ版では歌は「石川進・荒川少年少女合唱隊」によって歌われていましたが、実写版ドラマでは主要出演者によって歌われた新たなバージョンです。

エンドロールのクレジットによれば、実写版ドラマ「ど根性ガエル」を歌っているのは、

ひろし ピョン吉 京子ちゃん 五郎梅さん 前田校長 よし子先生 ゴリライモ 京子ちゃんのおばあちゃん ひろしの母ちゃん。

▼「ゴリラパンのうた」を始め、劇中音楽もこだわっている予感。今後が楽しみ。

主題歌(エンディングテーマ曲)はザ・クロマ二ヨンズ「エルビス(仮)」

テレビアニメ版では「ど根性でヤンス」「ど根性ガエル音頭」「ど根性ガエルマーチ」といった、いかにもアニメのエンディングテーマらしい曲が流れていましたが、実写版ドラマではザ・クロマ二ヨンズの新曲「エルビス(仮)」(読み:エルビス)という曲が主題歌となっています。

ザ・クロマ二ヨンズはご存知、元ブルーハーツの甲本ヒロト、真島昌利が中心となり2006年に結成されたロックバンド。「タリホー」「エイトビート」「グリセリン・クイーン」などに代表される、ザ・ブルーハーツ時代ともザ・ハイロウズ時代とも違った、今現在の彼らの音楽が聴けるバンドです。

「エルビス(仮)」の歌詞には「♪お別れの時間だ 沈んでゆく朝日〜」とあります。実写版ドラマ「ど根性ガエル」では、第一話からピョン吉の「寿命」と「別れ」が暗示されており、疾走感溢れる主題歌「エルビス(仮)」が、今後展開されるであろう(?)切ない物語を盛り上げていきそうです。

発売日は9月9日 限定版も

「エルビス(仮)」は2015年9月9日(水)発売。CDの初回仕様は紙ジャケット仕様で、無くなり次第通常のプラスチックケースに替わるとのこと。また、7インチアナログ盤(完全生産限定)も同時にリリースされますので、早めの入手がよさそう。

関連記事
【ドラマ・ど根性ガエル】ゴリライモの「ゴリラパンのうた」が話題 歌詞は?歌っているのは?
ドラマ版「ど根性ガエル」あれから16年。ひろしたちの変化まとめ
実写版ドラマ「ど根性ガエル」主要キャスト、キャラクターまとめ 意外に面白い!

スポンサードリンク

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

ドラマ 映画 やすらぎの郷 女優 軍師官兵衛 タモリ倶楽部 天皇の料理番 大阪 まれ とと姉ちゃん ひよっこ アイドル ヒストリア 醸造 視聴率 音楽 食文化 ごちそうさん NHK ロケ地 べっぴんさん 地域文化 歴史 信長協奏曲 俳優 花子とアン 下町ロケット サブカル ど根性ガエル 花燃ゆ 釣りバカ日誌 ブラタモリ マッサン あさが来た 真田丸 東京都北区赤羽 ナポレオンの村 あまちゃん 美女と男子 朝ドラ
PAGE TOP ↑