【ごちそうさん】終戦時の西門家の疎開先・安否・戦死情報まとめ

スポンサードリンク

戦争の激化とともに、家族が離ればなれになってしまった「ごちそうさん」の西門家。終戦を迎え西門家のあった場所で家族の帰りを待ち始めため以子。

現在のところ活男以外は戦死等の悲報は伝わって来ておらず、西門家の面々や友人たちは徐々にめ以子の元に戻ってくるのではないかと思われます。

空襲により家を失った西門家の家族が、戦争の激化から終戦にかけての時期にどこで何をしていたのか、まとめてみました。

め以子(杏)

焼け出され、義姉・和枝の嫁ぎ先・山下家で厄介になる。山下家は山間部の農村にあり、戦争の影響は小さかった模様。和枝の元で野菜作りを学び、生命力がアップ。終戦の日に早くも大阪市街へ戻ってくる。

夫・悠太郎(東出昌大)

戦時中の防火演習の際に行き過ぎた指導があり、市役所を解雇。そのまま軍属として満州(現・中国北東部)に渡っている。現在のところ安否情報は入っていないが、無事であればやがて内地へ引き上げてくるはず。

義母・お静(宮崎美子)

桜子の実家の別荘に疎開中。大阪の治安や生活が元通りになれば帰阪か。

義姉・和枝(キムラ緑子)

嫁ぎ先の山下家は山間部にあり、戦争の影響をそれほど受けず無事。終戦までめ以子を家に置き、本当はいい人だったことがついに発覚。

長女夫婦・ふ久(松浦雅)諸岡(中山義紘)

生まれたての長男とともに、諸岡家の親戚の家へ疎開中。大阪の諸岡家周辺も空襲で甚大な被害を受けた模様。夫の諸岡は戦地へ向かっていたが、今のところ戦死の通知は届いておらず、内地にいるのではないかと思われる。

長男・泰介(菅田将暉)

山下家滞在中に召集令状が来て戦地へ向かう。恐らく内地で終戦を迎え、無事ではないかと思われる。近々帰阪するはず。

次男・活男(西畑大吾)

海軍でコックを目指すも、戦地へ送られ戦死。戦死告知がめ以子の元に届いたが、め以子はまだ活男の死を信じていない。

義妹夫婦・希子(高畑充希)、川久保(茂山逸平)

夫婦揃ってラジオ局勤務のため、大阪市内に残り終戦まで勤務を続ける。大空襲時も勤務中で無事。西門家が壊滅状態となったため、ラジオ局近くに部屋を間借りしている?

友人夫婦・桜子(前田亜季)、室井(山中崇)

お嬢様である桜子の実家の別荘に疎開。駆け落ちで東京から大阪へやってきた二人だったが、戦争の激化によりそうも言っておられず、親の助けを借りる。しかしなぜか室井は桜子の元を追い出され、終戦のその日にめ以子と再会。

友人・源太(和田正人)

戦時中の居所は謎。オネエちゃんのところを転々としていたか。終戦後、闇市にふらっと現れ、無事が確認される。

友人・馬介(中村靖日)

源太が現われた少し後に闇市にひょっこり現れ、無事が確認される。喫茶うま介は空襲を逃れたような描写もあった。馬介の実家も裕福なので、疎開先には困らなかったのではないかと思われる。

関連記事
【ごちそうさん】終戦時の西門家の疎開先・安否・戦死情報まとめ
悠太郎が逮捕→満州行き 「ごちそうさん」第21週は激動の展開【ネタバレあり】
西門活男が沖縄海域で戦死か め以子の元に死亡告知書が届く その内容とは

スポンサードリンク

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

音楽 女優 軍師官兵衛 朝ドラ 天皇の料理番 タモリ倶楽部 マッサン 真田丸 ひよっこ まれ 食文化 視聴率 とと姉ちゃん べっぴんさん 花子とアン あさが来た ロケ地 孤独のグルメ 大阪 信長協奏曲 下町ロケット ブラタモリ サブカル 花燃ゆ ど根性ガエル あまちゃん 醸造 釣りバカ日誌 ナポレオンの村 俳優 東京都北区赤羽 映画 歴史 アイドル ヒストリア 地域文化 NHK ドラマ ごちそうさん 美女と男子
PAGE TOP ↑