子役で好評だった「源太」が大阪編で再登場 演じる和田正人は箱根駅伝にも出場した異色の経歴

スポンサードリンク

NHK朝ドラ「ごちそうさん」の第一週は主人公・め以子の幼少時代の物語が描かれましたが、め以子を演じた豊嶋花以上に好評だったのが、幼なじみの「源ちゃん」こと泉源太を演じた子役、屋島昂太 。

祖母のために手に入れたイチゴを紛失してしまっため以子に、ずぶ濡れになりながらイチゴを届けるなど、やんちゃでありながらも心優しい少年を好演しました。わずか一週間の登場だったため、あのかわいらしい源太の出番はもうないのか、ヤキモキしている視聴者の方もいるでしょう。

大阪で源太と再会するめ以子

今後め以子は大阪に居を移すのですが、その大阪で源太と運命的な(?)再会を果たします。大人になった源太は「肉屋の店員」という設定。買い物に出かけた市場でめ以子と出会うことになります。そして西門家で苦難続きのめ以子に対し、大阪の味についての知識を与えるなど、助け舟のような存在になるようです。

第一週目では明確な描写はありませんでしたが、エピソードを重ねるうちに幼い二人の間に「初恋」の予感を感じ取った視聴者の方も多いと思います。実際、二週目に西門悠太郎のことが気に食わない(笑)め以子が、源太のことを「元気かなあ」と回想するシーンが出てきます。

もちろん、大人になった源太を演じるのは屋島昂太ではありません。高知県出身の俳優、タレントの和田正人が演じます。

和田正人は箱根駅伝にも出場の異色の経歴

和田は中学時代から陸上部に所属し活躍したスポーツマンで、現在34歳。日本大学4年生の時には箱根駅伝復路9区(復路のエース区間と言われる)を走り、区間5位という素晴らしい記録を残しています。卒業後、NECに就職するものの所属する陸上部が廃部。それを機に、「俳優になる」と宣言し、芸能界に飛び込んだとか。なんとも異色の経歴です。

▼和田正人の陸上選手時代の成績をまとめてみました。かなりスゴい選手だったようです。
源太演じる和田正人の箱根駅伝での記録 ハーフマラソンのタイムもスゴい

昔の日本男児風の精悍な顔つきだった子役の屋島昂太と比べると、どこか今風な「イケメン」ルックスの和田正人。このギャップがどう感じられるか、大阪編では注目ですね。そして、幼いめ以子に対して妙に優しかった源太の、本当の気持ちは?

大阪ではめ以子の人生にひと波乱もふた波乱も起きるようなので、そんな辛い時に源太の存在がどうクローズアップされるのか、楽しみです。そして源太の師匠だという「謎の男」なる人物(近藤正臣)が物語の進行に大きく関わってくるらしいとのことで、源太の周辺や西門家を含めて、ノンキな東京編とは打って変わって大阪編は激動となりそうです。相変わらず脳天気なめ以子は大丈夫でしょうか。

関連記事
いちごの代用品は思い出の味「赤茄子ごはん」源太出征に有働アナも号泣
源太と染丸は大晦日に別れたらしい いつの間に?原因は?
西門悠太郎・源太は戦争に行くの?徴兵されて戦死?ややネタバレあり
ごちそうさん大阪編 妹・希子役の高畑充希は8代目ピーターパン 歌手活動も
ごちそうさんに登場・歴史ある天満市場とは?ディープな大阪観光スポットは買い物天国

スポンサードリンク

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク


PAGE TOP ↑