「ごちそうさん」ハマリ役で株を上げたと思う俳優・女優を独断で選んでみた

スポンサードリンク

NHKの朝ドラ(連続テレビ小説)は毎朝全国に放送され、大きな注目を浴びることになります。当然、朝ドラに出演したことで顔が売れ、一躍有名俳優へとブレイクする人も出てきます。

前作「あまちゃん」で言えば能年玲奈、橋本愛、有村架純といった若手女優たちはもちろんのこと、古田新太、塩見三省、薬師丸ひろ子といったベテラン勢も視聴者を魅了し、大きく俳優としての株を上げました。

では、現在放送中の「ごちそうさん」ではどうでしょうか。まったくもって独自の選定ですが、個人的に「ごちそうさん」で株が上がったなと感じる俳優さんたちを挙げてみました。本人の実力とともに、ハマリ役を授かれるかどうかの運もブレイクには大切。今回以下に列挙した俳優たちは、それぞれハマリ役だと感じます。

高畑充希(西門希子)

「ごち」出演陣の中で一番顔を売ったのが高畑光希ではないでしょうか。決して全国区といえる女優さんではなかったのですが、大阪編で座敷童(ざしきわらし)のごとく登場するや「カワイイ」と評判に。その後は座敷童を脱皮し「焼氷の唄」で美声まで披露して、さらに株が上がりました。今後、多方面で活躍の機会が増えるのでは。

和田正人(泉源太)

このほど戦争に出征してしまった源ちゃん。「あさイチ」の有働アナを号泣させた罪な男です。脚本家の森下氏が男性嫌いなのか(笑)「ごちそうさん」に登場する男性陣は総じてダメ男なのですが、源太だけはやたらイイ男。いつでも優しく女ったらしでみんなに好かれる源太は、もしかしたら悠太郎よりも視聴者に人気があるかも?

キムラ緑子(西門和枝)

難しい役柄を見事に解釈し、大阪編をグイグイ引っ張ったドラマの功労者。キムラはもともと実力者で、すでに俳優としての定評もありましたが、和枝役を演じたことで評価がうなぎ上りであるように感じます。和枝役はハマリ役というよりは、キムラ緑子が力技で自分の役に仕立て上げたという感じでしょうか。

ー以上がメインキャストの「ハマリ役」TOP3かなと。続いて、脇役でいい役だと思ったのは。

屋島昂太(泉源太の幼少時代)

「ごちそうさん」では子役が多数出演しています。多くのキャラクターが子役から大人へのバトンタッチで「何か違う人だ…」という違和感を覚えるのですが、源太だけは違和感なし。ずぶ濡れになりながらめ以子にいちごを届けた男前男児は、成長してすっかり女好きとなりましたが、そのまま和田正人に引き継がれました。

木本武宏(藤井耕作=悠太郎の上司)

ちょっと意外だったのが、お笑いコンビ・TKOの木本。世間には「芸人が役者をやるな」的な空気感もあるかとは思いますが、木本演じる藤井はいい意味でくだけたキャラクター。ただふざけているのかと思いきや、時折部下の悠太郎を突き放したり、なかなかいい塩梅です。

徳井優(大村宋介=悠太郎の職場の先輩)

「引っ越しのサカイの人」から脱して、今後は「大村さん」として徳井優を認識できそうです。役所におけるノンキャリアの悲哀がありながら、何だかんだ楽しそうに生きている感じがいいです。

馬場園梓(染丸)

お笑いコンビ・アジアンの馬場園は、源太の彼女(?)らしきぽっちゃり女性を好演。「源太から遊びで手を出されたどうでもいい女」風な雰囲気がよく出ていたと思います。しかし、意外に源太は染丸に本気だった?

鍋島浩、マエダユミ(牛樂商店の店主と女将)

個人的にこの二人、じわじわ好きです。特に源太の出征が決まってからの女将さんの落胆ぶり、それを見守る店主の優しさがツボ。肉屋の店員らしく二人ともコロコロ丸っこいのが可愛らしい。

君沢ユウキ(シャツの男)

竹元教授(ムロツヨシ)の縦縞シャツをなで回しながら褒めた、妖しい男。「あまちゃん」でいうところの「前髪クネ男」のような存在で、ほんの数十秒のみの登場でしたが視聴者に強烈な印象を残しました。

ーというわけで、大いに独断で選定したので異論も多いと思います。ヒロインの名前がここにありませんが(笑)、食べ方がコワいのと、いつも感情的にプリプリ怒っているので、本来の杏のイメージを考えるとちょっと残念かなあと…。

関連記事
源太(和田正人)と染丸(馬場園梓)が「ひるブラ」で再共演 熱い愛の囁きはあるのか【4月29日】
子役で好評だった「源太」が大阪編で再登場 演じる和田正人は箱根駅伝にも出場した異色の経歴
【いのち短し恋せよ乙女】西門希子(高畑充希)は歌が上手い!【焼氷の歌】

スポンサードリンク

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

PAGE TOP ↑