「ごちそうさん」最終回・帰ってくる悠太郎?ハッピーエンドに向けて「カレー」がカギ

スポンサードリンク

いよいよ3月29日(土)で、150回におよぶ放送の最終回を迎えるNHK連続テレビ小説「ごちそうさん」。最終回はどのような結末となるのか、3月18日放送分までの流れをふまえつつまとめてみたいと思います。

残す課題は悠太郎の満州からの帰国のみ

最終週にかけて、室井・桜子(山中崇・前田亜季)夫妻の仲直り、中止になりそうだった「甲子園」の再会、諸岡家の工場の復興、ふ久(松浦雅)の新たな目標(もう一度物理の勉強をする)の確立など、西門家周辺の問題が次々に解決していっています。

残されていため以子のアメリカへの憎しみ、次男・活男(西畑大吾)の戦死の受容という問題も、アメリカ人・ヤミーことモリス大尉との料理を通じた和解により、め以子の心の中で変化があったようです。

となると、「ハッピーエンド」に向けて残された課題は「悠太郎の満州からの帰還」、この一点にほぼ絞られたと言っていいでしょう。すでに藤井(木本武弘)からの情報により、悠太郎が満州のどこかしらで生きているという情報は入って来ており、め以子としては悠太郎の満州からの無事の帰還を待つことしか出来ない状況です。

なんで悠太郎はいつまでも満州から帰って来ない?

満州や樺太、それに現在の北朝鮮など、終戦後ソ連軍が占領していた地域からの日本への帰国は、大変に困難を伴ったものだったと言われます。これはソ連が日本人捕虜をシベリア開発のために利用しようとしたこと、それに満州が内戦により非常に政情不安定だったことなどが理由として挙げられます。

また、満州方面からは北朝鮮を経由して鉄道で陸路帰ってくる場合が多かったようですが、その途中で衛生状態が悪く命を落とした人や、女性であればソ連、北朝鮮兵に暴行を受けたりと、帰国自体にも大変な危険が伴ったと言われます。

竹元と君沢ユウキの登場、そしてカレー粉

さて。ラスト二回の放送である3月28日(金)放送回で、竹元(ムロツヨシ)があの「Yシャツの男」(君沢ユウキ)を伴ってめ以子の前に現われましたね。この竹元の登場が、最終回のハッピーエンドの伏線ではないかと思われます。

竹元は「カレー粉」を手みやげにめ以子の元にやってきます。このカレー粉を元に、め以子は得意のカレーを作り、駅で販売します。もちろん、横目で駅に到着する帰還兵の中に悠太郎が居ないかを確認しながら…。

「ごちそうさん」を見続けている方であればピンと来るかも知れませんが、「め以子のカレー」と言えば、かつて悠太郎が浮気をしかけた時に「元サヤ」に戻る決定打となった「牛すじカレー」。悠太郎は「め以子のカレー」がある限り、西門家に舞い戻ってくるのです。

これまでほぼ全ての問題を食べ物で解決してきた「ごちそうさん」ですから、最後も恐らく「カレー」が決め手となって、無事に「ごちそうさんでした!」となるのではないかと思われます。

関連記事
「ごちそうさん」最終回に向けて残された伏線まとめ5つ 悠太郎は帰ってくる?

スポンサードリンク

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク


PAGE TOP ↑