室井の文通相手・路代(みちよ)役は逢沢りな その正体は民子の…

スポンサードリンク

NHK連続テレビ小説「ごちそうさん」で、新聞に連載している小説「あほうの仏」がヒット中の文士・室井幸斎(山中崇)。すっかり浮かれ気分である室井に、思わぬ浮気のチャンス(?)が到来します。

室井の「だめんず」ぶり、ここに極まれり

妻の桜子(前田亜季)から家を追い出されている室井。恐らくろくな小説を書かない室井を思っての桜子の行動だと思われますが、そんな桜子の気持ちなど露知らず、室井はヒット作に浮かれています。「あほうの仏」を読んでファンになったという女性とちゃっかりと文通までしているのです。

室井はある日、そのファンの女性との逢い引きのために「蔵座敷ごちそうさん」を使いたいと言い出します。呆れため以子(杏)は桜子に電話。しかし、なぜか桜子は大した心配もせず、あっさりと電話を切ってしまいます。

そして逢い引き当日。やってきた文通相手・「みっちゃん」こと路代(逢沢りな)は、まさかまさかの若くて「超」が付く程の美人さん。どう考えても室井とは到底釣り合わないおかしな話ですが、室井は色めき立ち、路代の手を握ります。

以下、ネタバレ有り注意。

そこへやって来たのが、桜子。実はこの路代は桜子が雇った「サクラ」で、その正体は東京の学生時代にめ以子と仲良し三人組だったうちのもう一人、民子(民ちゃん=宮嶋麻衣)の姪っ子。浮かれた室井の文通相手は、実は桜子だったのです。それを知り、平謝りする室井に対し桜子は…。

路代(みちよ)役はアイドルの逢沢りな

「超美人」の路代役というハードルの高い設定で登場したのは、アイドル・女優の逢沢りな。東京都出身(生まれは大阪)の22歳で、2007年に高校生で芸能界にデビューしています。

2008年にスーパー戦隊シリーズ「炎神戦隊ゴーオンジャー」の楼山早輝・ゴーオンイエロー役として出演したほか、2009年のNHK大河ドラマでは直江兼続とお船の長女「お松」役、「ライアーゲーム シーズン2」「ガリレオ シーズン2」(いずれもフジテレビ)などにも出演しています。

また、逢沢は「大迫半端ない」の名言で有名な(鹿児島城西の大迫勇也が大会10得点を記録した年)「第87回全国高校サッカー」(2008年末ー2009年)の「応援マネージャー』に就任しており、記憶に新しい方も多いのではないでしょうか。

関連記事
室井幸斎ヒット作「あほうの仏」主人公モデルはめ以子?

スポンサードリンク

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク


PAGE TOP ↑