諸岡は戦死せず 無事ふ久の元へ帰還というハガキが届く

スポンサードリンク

3月13日放送のNHK連続テレビ小説「ごちそうさん」では、戦争が終わってから安否のわからなかった人物の無事が明かされました。

まずはめ以子の実家・東京の卯野家。電報により父・大五が骨折をしたものの、皆無事であることが知らされました。そして、長女・ふ久(松浦雅)の夫・諸岡弘士(中山義紘)の無事もハガキの到着により判明しました。

諸岡はふ久の弟・泰介(菅田将暉)の野球部の先輩でした。諸岡が戦地へ向かうことを知り、半ば強引に「諸岡君の複製(子供)が欲しい」と迫ったふ久。

その告白を聞いた諸岡もまんざらではなさそうでしたが、「もっと早う教えてくださいよ…もっと早う言うてくれはったらぜんぜん違うたのに…」と、これから戦地に向かう男子として楽しい時間を過ごせなかった心残りを本音として口にしていました。

長男・大吉

結局二人は急いで結婚、すぐにふ久が妊娠して長男・大吉が生まれたのですが、諸岡の戦地への去り方から、何となく諸岡は戦死するのでは?と思っていた方もいるのではないでしょうか。

3月13日放送分では、諸岡家の親戚筋を頼って疎開しているふ久から、西門家あてにハガキが届きました。表面には長男・大吉の足形が押され、裏面にメッセージが。大吉はすくすく育ち、無事諸岡も帰還したという知らせのハガキでした。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク


PAGE TOP ↑