「ミセスキャベジ」の正体は和枝か ハガキ職人・め以子の宿命のライバル

スポンサードリンク

この記事は多少のネタバレがあります。ご注意下さい。

1月から昭和編に入った「ごちそうさん」。相変わらず物語はゴタゴタ続きですが、昭和編でじわじわ笑えるのが、たびたび劇中に名前のみ登場している「ミセスキャベジ(Mrs.キャベジ)」なる謎のラジオレシピ投稿者。

1月17日放送分で、亜貴子が悠太郎のために作ったカレーが「ミセスキャベジ」のレシピによるものでした。そのカレーを食べた悠太郎は「ちょっとあっさりだけど…」と微妙な反応でしたが…。

実はこの「ミセスキャベジ」。正体は「ごちそうさん」登場人物の中でも屈指の人気を誇るあの人なのです…。

ラジオ放送が普及し、め以子もハガキ職人に

女学校を卒業し、ラジオ局のアナウンサーとして勤務する希子(高畑充希)。

この頃になると一般家庭にもラジオ放送が普及し始めていたようで、め以子(杏)も希子が担当する料理番組にレシピを投稿する「ハガキ職人」となっています。桜子との会話によれば、投稿採用には希子による身内のエコひいきはないとのこと。

強敵「ミセスキャベジ」

この設定だけでもちょっと面白いのですが、ここから思わぬ展開に。

め以子の渾身のレシピ投稿が、毎回「ミセスキャベジ」なる謎の投稿者のハガキに負け続けてしまいます。どうやらこの「ミセスキャベジ」。豪農に嫁いだあの義姉・和枝(キムラ緑子)がせっせと投稿しているようなのです。

正体を明かし満面のドヤ顔

1月24日(金)放送回では、祝言のために西門家にやってきた和枝が「これからはミセスキャベジの料理 手本にするとええ思うわ」とめ以子に発言。め以子が「え?ミセスキャベジっておねえさん…?」と驚くと、和枝は満面のドヤ顔。

どうやらめ以子がラジオでレシピを投稿していると知った和枝は、め以子の「見かけ倒しの雑な料理」でも採用されるなら自分もイケル、と思った様子。和枝の名前を伏せ匿名ながら、ミセスキャベジの採用数はめ以子の倍。め以子は敗北感にうなだれます。

め以子の妊娠中に呪いのおむつ・経帷子(きょうかたびら)を送りつけ、「さすがにやり過ぎだろ」と視聴者から反感を買った和枝。しかし、め以子の投稿潰しという今回の「遠隔いけず」は結果的に、西門の味をめ以子に伝える役割を担います。

▲畑仕事をしながらハガキを投稿する和枝の姿を思うと、笑えるような泣けるような。

和枝の味は西門の味

第16週(1月20日〜)において正蔵(近藤正臣)が病に倒れた際、め以子は正蔵の先妻が得意だった「柿の葉寿司」を作ろうと思い立ちました。しかしなかなか味を再現できず、め以子は和枝を頼って作り方を教えてもらおうとします。案の定、和枝は一筋縄ではいかず、作り方を教えてくれないのですが…(笑)

祝言の日に届いた和枝の柿の葉寿司の味は、まさに西門の味。病に倒れ、老い先が短いと思われる正蔵にとっては懐かしく嬉しい味です。やはり西門の味を体現できるのは和枝のみなのです。

前述の「ミセスキャベジ」のレシピ投稿原稿が希子の手元に残っていたので、結果的に和枝のレシピはめ以子へと伝わります。和枝のレシピによりめ以子が作った「おつい(汁)」を嬉しそうに食べる正蔵と子どもたち。

一筋縄ではいかない和枝でしたが、「ミセスキャベジ」を通して西門の味は次世代へと伝わっていくこととなりました。

関連記事
1月24日放送回はキャベジ・和枝が大活躍!ドヤ顔・ツンデレ連発
「ごちそうさん」第16週・和枝が再登場 キムラ緑子の名演技が再び
西門希子がラジオアナウンサーに 大阪のラジオ放送はいつ開始された?
キムラ緑子演じる和枝の「イケズ」はやりすぎ?案外ユルい?嫁いびりに賛否両論も
【ごちそうさん】小姑・西門和枝を演じるキムラ緑子とは?経歴・性格等【嫁いじめ・いびり】
「ごちそうさん」今後の年代別放送週予定 明治大正〜終戦までのタイムスケジュール

スポンサードリンク

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク


PAGE TOP ↑