前田亜季と山中崇は仲良し?お似合い?室井・桜子夫妻スタジオパーク出演まとめ

スポンサードリンク

12月4日放送のNHK・スタジオパークからこんにちは。ゲストは連続テレビ小説「ごちそうさん」で東京から駆け落ちしてきた「室井夫婦」役を好演している二人、山中崇と前田亜季。

二人とも生放送は初めてとのことで少々緊張も見られましたが、ドラマの中と同様に山中がすっとぼけ役、前田がしっかりもののツッコミ役といった感じで仲がよく、いいコンビに見えました。それもそのはず、二人は撮影時以外にも声を掛け合って、画面に夫婦仲の良さがにじみ出るように気遣いをしあっているそうです。

以下、トークショーの内容をまとめてみました。

Q.「ごちそうさん」に出演して、いかがですか

山中「お母さんがすごく喜んでいて、今日も職場のみんなに宣伝してくれているみたいです」

前田「福島の田舎の人たちが連絡をくれて、楽しみにしているから頑張って、と言われます」

Q.お二人とも朝ドラ出演は初めてとのことですが

山中「長い期間の撮影で、今までひとつの役を六ヶ月やらせて頂くことがなかったので新鮮です。それなりに歳をとっていくのが新しく、楽しいです」
山中は現在撮影のためにヒゲを伸ばしていて、ヘアメイクさんから今週は3ミリ、今週は4ミリ、と決められてスタイリングをされているそうです。

前田「いつか朝ドラに出たいとずっと思っていたので嬉しいです。一人の人生をずっと演じるのは贅沢で、楽しくやらせて頂いています」

許嫁のようなドキドキする感覚でした

Q.二人が夫婦となるというストーリーは以前からわかっていた?

山中「クランクイン前に何となくはわかっていましたね。で、クランクインの日が前田さんと同じ日でロケバスでいらして、バスから降りてくるところを、あ、僕この人と結婚するんだと許嫁のような(笑)ドキドキする感覚でした」

前田「それ、覚えてません(笑)。ウソです、覚えてます。最初は室井さんのこと嫌いという設定だったので、聞いたときはどうやって二人はくっつくんだろうかと、不思議でした」

仲が悪くなると空気が画面に映る

Q.凸凹夫婦を演じるにあたって大切にしていることは

山中「なるべく僕は前田さんに声をかけようと思っています。こういう役なので仲が悪くなるとそういうのが出ちゃうので。リハーサルの日があるのですが、席をとなりに、それは前田さんの方から座って下さるのですが、普段からの空気造りっていうのはあります」

前田「それは私も同じなんですが、絶対空気って画面に映りますからね。私も室井さんなのか山中さんなのか(笑)興味もありますし、気になる存在なので」

山中「杏さんから、最近二人は夫婦役で顔が似てきたねって言われます。僕はそれがすごく嬉しいんですが、前田さんはポロッと  ええ、室井さんと!?って(笑)。ちょっとショックでしたね」

前田「いや、ホントは嬉しかったんですけど、室井さんはいじりたくなるキャラなので(笑)」

お互いをどう思っている?

ここで、二人がお互いをどう思っているかのアンケート。

山中→前田 とにかく食いしん坊
山中「一番驚いたのが、リハーサルの日に終了後、ダッシュで閉店10分前の蕎麦屋に行ったこと」

前田→山中 すごく変な人
前田「すごく演技に対しても考えてらっしゃって、いろんなことをしてくる。変な動きをしていたり。見ていて飽きないです。」

二人の関係性はドラマ内と似て、芸術家肌、役者肌の山中に対して、大らかでしっかり者の前田がにこやかに見守るという感じに見えました。番組中、前田が山中に楽しそうにボディタッチしたり、見た目的にも役者青年と美女という感じで、この二人は本当にお似合いなのでは?と思いました。なお、前田は独身、山中は女優の西野まりと結婚しているという情報があります。

め以子と悠太郎、杏と東出昌大は撮影以外でもお姉さんと弟という感じで仲が良いらしいですが、室井夫婦は良きお兄さん山中を慕う前田、という感じでしょうか。

役者になったキッカケ 現場の楽しさに魅了される

番組では二人が役者の道に入ったきっかけも紹介。

山中は高校時代にたまたま演じた沖縄の妖怪「キジムナー・F」役(あまりに棒立ちの写真で、スタジオから笑いが起こる)で、みんなでひとつの作業をやることの面白さに目覚めたことがキッカケとか。その後、大学で演劇サークルに入り、役者の道へ。

前田は7歳でスカウトされ子役デビュー。「天才テレビ君」などに出演し、小学4年生の時に出演した「学校の怪談」という映画で、大人たちが一生懸命ものづくりをしている現場に感動し、演技の道へ入ったそう。

撮影現場では前田がキッチンに入り浸り、スタッフが作る試作品を味見しているとか。中でも「焼き氷」の味を前田は絶賛。是非商品にして欲しいとのこと。現場は和やか、アットホームな雰囲気だそうで、撮影は順調に進んでいるようです。

来年の目標を聞かれた前田が「今後も今の役を最後まで精一杯演じる」と発言していたことなどから、物語終盤まで室井・桜子夫妻の出番がありそうです。

関連記事
「ごちそうさん」の貧乏文士・室井さんは大阪編でも再登場?モデルは茶川竜之介ではなく村井弦斎
【ごちそうさん】主人公の友人・桜子、民子を演じる前田亜季、宮嶋麻衣に注目【かわいい】
室井の娘・文女(あやめ)が成長して登場!劇団東俳・安部洋花が演じる
建築家・竹元勇三(ムロツヨシ)再登場!キャラが変わってメレブ(勇者ヨシヒコ)に近付いた?
文士・室井はコミュニケーション強者?図々しい?和枝とのやり取りで見せた鈍感力
鍋底大根・室井幸斎の下衆(ゲス)化が止まらない

スポンサードリンク

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

タモリ倶楽部 ロケ地 とと姉ちゃん 東京都北区赤羽 俳優 食文化 あまちゃん 視聴率 軍師官兵衛 地域文化 女優 歴史 ナポレオンの村 ヒストリア 信長協奏曲 朝ドラ 天皇の料理番 花子とアン ひよっこ ごちそうさん 孤独のグルメ NHK 大阪 あさが来た ど根性ガエル 真田丸 醸造 アイドル 釣りバカ日誌 ドラマ ブラタモリ サブカル マッサン 美女と男子 下町ロケット まれ べっぴんさん 音楽 花燃ゆ 映画
PAGE TOP ↑