「ごちそうさん」今後の年代別放送週予定 明治大正〜終戦までのタイムスケジュール

スポンサードリンク

前作「あまちゃん」とは違い、主人公の人生を長いスパンで描写していくらしい「ごちそうさん」。明治末期から大正時代にかけて、め以子の幼少期と女学生時代から物語は始まり、最終的には第二次世界大戦の終結後二年までが描かれるようです。

ドラマ上、年代がちょいちょい飛ぶので解りづらいのでは?ということで、それぞれの年代と放送週をまとめてみました。この時系列一覧はあくまで現時点でわかっているストーリーの範囲から推測した予想です。今後、時期が前後する可能性があるかも知れませんので、ご容赦下さい。
なお、○○編というのは正式名称ではなく便宜的にこちらで命名しています。

①幼少編:明治44年(1911年)→10月1週

放送済み。め以子6歳。とにかく食いしん坊で問題児だっため以子の幼少時代を描く。

②東京編:大正11年(1922年)→10月2週〜4週

放送済み。め以子17歳。女学校に通うめ以子が西門悠太郎と出会う。「食べさせる」ための料理に目覚めるのもこの頃。最も「ラブコメ」色が強かく、家庭も平和だった時期だと言える。

③大阪編:大正12年(1923年)→11月〜12月末

放送済み。め以子18歳。大阪の西門家に嫁ぎ、和枝のいけず地獄に合う。終盤、関東大震災の発生、妊娠出産などの出来事があり、ドタバタと慌ただしい展開に。

④昭和編:昭和5〜7年(1930〜1932年)→1月1〜3週

め以子25歳〜。三人の子育てをするめ以子。夫・悠太郎との不和も目立つように。東京編から続いた「ラブコメ」色から、現実的な生活の描写へ?戦争前夜の、まだまだ平和だった時代。

⑤戦争編:昭和15年(1940年)→1月4週〜2月いっぱい?

め以子35歳。次第に太平洋戦争が激しくなり、生活も苦しくなっていくこの時期を、1ヶ月以上かけてじっくり描写する模様。「お国のために」といった描写も出て来て、戦争が西門家の生活を変えていく。源太が戦争に駆り出される…?め以子の二人の息子は…?

⑥終戦編:昭和20年(1945年)→3月

め以子40歳。日本の本土が空襲で焼き尽くされ、大阪も大空襲により大きな被害を受ける。第一回放送で焼け野原の中、め以子が炊き出しを行っていたのはこの頃の描写か。

⑦戦後:昭和22年(1947年)→最終回

め以子42歳。最終回は恐らく戦争から立ち直り、復興していく様子が描かれるはず。この時の悠太郎は47歳になっており、東出がどう演じるのかも注目。

関連記事
ごちそうさん戦争編(昭和16年)西門家の年齢構成 三人の子どもたちが青年期に
「ごちそうさん」昭和編・め以子の三人の子供は松浦雅、菅田将暉、西畑大吾が演じる?
西門悠太郎・源太は戦争に行くの?徴兵されて戦死?ややネタバレあり
「ミセスキャベジ」の正体は和枝か ハガキ職人・め以子の宿命のライバル
西門希子がラジオアナウンサーに 大阪のラジオ放送はいつ開始された?

スポンサードリンク

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク


PAGE TOP ↑