結局希子は川久保と結婚したの?という疑問→公式ホームページに答えがありました。

スポンサードリンク

1月25日(土)放送回のNHK連続テレビ小説「ごちそうさん」。正蔵(近藤正臣)の穏やかな死により、昭和7年のストーリーは終わり。来週からは8年時代が飛んで昭和15年が舞台になります。

さて、この第16週。悠太郎(東出昌大)、め以子(杏)夫婦の祝言、西門家大集合、そして地下鉄工事現場での親子の会話で話が丸く収まったように感じますが、何か腑に落ちないことがありませんでしたか?

正蔵臨終の朝、希子(高畑充希)は当然のように西門家にいましたよね。あれ…希子って結婚したんじゃ…。

そもそも希子があげるはずだった祝言はどこへ行ってしまったの?それ以前に、川久保(茂山逸平)との結婚話自体が、め以子に祝言の場を作るための大ウソだったの?という疑問が沸いてきます。

NHK「ごちそうさん」公式ホームページ

その謎は、NHK「ごちそうさん」の公式ホームページで一応明かされています。新しく登場した、第17週からの人物相関図によれば、希子は川久保と結婚したことになっています。とりあえず偽装結婚ではなかったようで、ひと安心ではあります(笑)。川久保は西門家で同居生活をしているようです。


▲時代が進み、人物相関図も新しく。画像をクリックするとNHK公式ホームページに飛びます。

希子の祝言・花嫁姿は見られない?

結局希子の祝言、花嫁姿は放送されることなく、来週からは8年後へと移ります。恐らく来週の冒頭において、希子と川久保がその後どういう夫婦生活に入ったかについては言及されると思われますが、ちょっと説明不足の感は否めませんよね。

視聴者の中には正蔵の目線・気持ちで、愛娘・希子の晴れ姿を見たかった人も多いはず。ネット上でも「め以子より希子の花嫁姿を見たかった」といった辛辣な声も聞かれました。放送時間の制約がある中でカットせざるを得ないエピソードが多々あるとは思われますが、希子の幸せな場面はちゃんと描いて欲しかったなあ…

関連記事
戦争編に突入した西門家の変化 川久保が同居、泰介は野球部、活男は洋食屋で修行
【ネタバレ】「ごちそうさん」希子の恋人・川久保を演じるのは茂山逸平
「花嫁姿見せるっていうのは?」「…誰のですか?」希子に見せた川久保流プロポーズ
希子企画・サプライズ祝言に感動の声も悠太郎の「ごちそうさんでした」には批判が

スポンサードリンク

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

PAGE TOP ↑