ごちそうさん泰介役・菅田将暉 日本アカデミー賞新人俳優賞も受賞した演技力に注目

スポンサードリンク

1月27日(月)から昭和15年(1940年)に時代が移るNHK連続テレビ小説「ごちそうさん」。西門家の三人の子どもたちも成長し、青年期へ移行します。ここまでで三人の子役はお役御免、新たに若手俳優三人が西門の子どもたちを演じます。

三兄弟の中で演技力に期待がかかるのが、15歳になった長男・泰介を演じる菅田将暉(すだまさき)。大阪府出身の20歳の俳優で、本名は菅生大将(すごうたいしょう)というらしいです。

菅田将暉は「第21回ジュノンスーパーボーイコンテスト」でファイナリスト12人に残ったことで、現在の事務所であるトップコートに所属が決まりました。その後、「仮面ライダーW」にてフィリップ・仮面ライダーW(声)役を務め、テレビドラマ初主演を果たしています。

その他、テレビドラマでは「泣くな、はらちゃん」(2013年・日本テレビ系)のひろし役、「35歳の高校生」(2013年・日本テレビ系)の土屋正光役など多数ドラマに出演し、若手ながらも豊富な経験を持っています。

「共喰い」で日本アカデミー賞新人俳優賞

2013年に主演した映画「共喰い」では17歳の高校生・遠馬役で難しい役どころを演じ、第37回日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞。高い演技力が評価されています。

少年時代は目立たなかった泰介 坊主頭にも注目

さて、「ごちそうさん」で菅田が演じる西門家の長男・泰介。少年時代の泰介(三澤瑠斗)はテストで100点を連発するような優等生であり、三兄弟ので中では一番の常識人。しかし変わり者の長女・ふ久、食いしん坊の次男・活男に挟まれ、真っ当すぎる(?)泰介は兄弟の中では一番目立たない存在でもありました。

成長して中学生になった泰介は野球部に所属し、甲子園を目指すようになっています。青年期の泰介は子供時代よりも出番が増えそうで、菅田の演技力が期待されます。

なお次男・活男役を演じる西畑大吾とともに、菅田は坊主頭での登場となります。二人とも美形であるだけに、坊主姿にも注目。

関連記事
戦争編に突入した西門家の変化 川久保が同居、泰介は野球部、活男は洋食屋で修行
「ごちそうさん」昭和編・め以子の三人の子供は松浦雅、菅田将暉、西畑大吾が演じる?
ごちそうさん・ふ久役の松浦雅に注目 舞台経験を経てテレビドラマ初出演
山下家女中・沢田ハナは一躍泰介のお嫁候補に?演じる小酒井円葉は高梨沙羅似の子役

スポンサードリンク

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク


PAGE TOP ↑