2017年秋からのBSプレミアム・朝ドラ再放送は「花子とアン」 放送日程、あらすじなどまとめ

スポンサードリンク

2017年秋から、BSプレミアム朝の再放送枠で再放送されるNHK連続テレビ小説が「花子とアン」であることがわかりました。

この記事では、「花子とアン」再放送の日程、放送概要、あらすじ、出演者などをまとめます。

「こころ」の次は、「花子とアン」!

過去の名作朝ドラが全回再放送される、朝のBSプレミアム・朝ドラ再放送枠。2017年の春からは「こころ」が再放送されていましたが、2017年の秋からは、あの名作「花子とアン」(2014年に初回放送)が全回再放送されることになりました。

以下、放送の概要です。なお、秋からの新作朝ドラとなる「わろてんか」よりも一週間早い放送開始となりますので、ご注意下さい。

放送予定、ドラマ概要

放送開始日:2017年9月25日(月)から放送開始 
※「わろてんか」は、翌週10月2日(月)から放送開始。

放送回数:全156回(全26週)※2018年春までの放送予定

放送時間:毎週月曜から土曜まで、午前7時15分~7時30分(15分間)

放送CH:BSプレミアム

OP曲:「にじいろ」絢香

脚本:中園ミホ 制作:NHK東京

ドラマの舞台:山梨、東京

ヒロイン:吉高由里子

ヒロインのモデル人物:村岡花子(翻訳家、児童文学者)

原案:「アンのゆりかご 村岡花子の生涯」村岡恵理

「花子とアン」あらすじ、見どころ

2014年に放送され、近年の朝ドラの中でも高い人気を誇る名作「花子とアン」。モンゴメリ「赤毛のアン」の翻訳者として知られ、児童文学者として活躍した村岡花子氏の生涯をモデルとし、明治、大正、昭和の激動の時代を生きた人々を描きます。

甲州の貧しい農家・安東家の長女として生まれたはな(吉高由里子)。はなは、父の方針もあり東京の女学校に入学すると、そこで英語を学び文学に親しむとともに、生涯に渡る親友、恩師たちと出会うことになります。

卒業後、故郷に戻り教師生活を送っていたはなですが、幼馴染み・朝市(窪田正孝)の後押しもあり、東京で作家になるという夢を叶えるため、再び上京することになります。

はなは、女学校時代の親友・葉山蓮子(仲間由紀恵)、醍醐亜矢子(高梨臨)、後に夫となる村岡英治(鈴木亮平)、編集者の梶原(藤本隆宏)、流行女流作家の宇田川満代(山田真歩)ら様々な人々と交流を深め、次第に作家、翻訳家という生涯にわたる天職に出会っていくことになります。

「蓮さま」「嘉納伝助」ら個性的な脇役たち

「花子とアン」が大人気ドラマとなった理由のひとつとして、ヒロイン以外の登場人物たちがとても個性的であり、サイドストーリーとして各人物の人生模様が丁寧に描かれていったという点が挙げられます。

望まぬ結婚の末に、若き活動家と駆け落ちをしてしまう激動の女・葉山蓮子。蓮子の夫で、九州の炭鉱王として豪快な生き様を見せつけた嘉納伝助(吉田鋼太郎)。作家という華やかな道を歩み始める長女・はなをよそに、辛く陰のある人生を歩んでいく吉太郎(賀来賢人)、かよ(黒木華)、もも(土屋太鳳)ら安東家の兄妹たち。

貧困、震災、戦争、そして世の中に蔓延する偏見や世間の目…。時代や社会に翻弄されながらも、それぞれが懸命に明るく生きる姿は、視聴者の心を鷲掴みにしていきました。そして、今やすっかり売れっ子となっている豪華俳優、女優陣の共演も華やかであり、エンターテイメント作品としても楽しめる出来となっています。

本放送時に、良く読まれていた記事
はなが編入した東京の修和女学校とは?東洋英和女学院がモデル
「花子とアン」村岡花子の母校・東洋英和女学院(港区六本木)はお嬢様学校
「花子とアン」蓮子の見合い相手・嘉納伝助のモデルは九州の炭坑王・伊藤伝右衛門
「旧伊藤伝右衛門邸」(飯塚市)白蓮と伊藤伝右衛門(葉山蓮子と嘉納伝助のモデル)が暮らした家
葉山蓮子様のモデル・柳原白蓮 恋の逃避行「白蓮事件」を仲間由紀恵がどう演じる?
「花子とアン」鈴木亮平が演じる印刷会社の村岡英治は村岡儆三がモデル

▼「ひよっこ」の次の朝ドラは「わろてんか」。
2017年秋の新朝ドラは「わろてんか」 ヒロイン・藤岡てんのモデルは吉本興業創業者・吉本せい

スポンサードリンク

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

PAGE TOP ↑