葉山蓮子様のモデル・柳原白蓮 恋の逃避行「白蓮事件」を仲間由紀恵がどう演じる?

スポンサードリンク

NHK連続テレビ小説「花子とアン」第4週目から登場した伯爵家の令嬢・葉山蓮子(仲間由紀恵)。はな(吉高由里子)が通う修和女学校に24歳の編入生としてやって来て、傍若無人、わがまま三昧。その高飛車な態度に学校側も手を焼きます。

はなは葉山蓮子に反発するものの、やがて文学や恋の話などを通じ、二人は掛け替えのない「腹心の友」になっていきます。

▼参考記事:村岡花子と柳原白蓮の友情とは?
「花子とアン」モデル・村岡花子と柳原白蓮の手紙での友情のやりとり その内容

葉山蓮子のモデルは歌人・柳原白蓮

この葉山蓮子のモデルになっているのが、歌人であり大正三美人の一人といわれる柳原白蓮(やなぎわら びゃくれん)。父は柳原前光伯爵、白蓮は大正天皇の従妹にあたり、本物の華族出身の令嬢でした。なお、白蓮の本名は柳原燁子(あきこ)で、「柳原白蓮」は短歌等を発表する時に使っていた雅号です。

▲どことなく憂いのある表情を見せる柳原白蓮。
(画像はwikipediaより転載)

9歳で結婚前提の養子に 暴力、望まぬ妊娠、離婚

白蓮は父・柳原前光の妾の子として東京で生まれました。9歳の時に結婚を前提とする北小路家との養子縁組が行なわれ(白蓮は結婚が前提とは知らなかったが選択の余地はなし、夫となる資武=すけたけ=から暴力も受けていた)、やがて15歳で妊娠、出産。しかし我が子の子育てをさせてもらえず京都での生活にも馴染めず、20歳で離婚、実家に戻ります。

23歳の時に東洋英和女学校に編入学、村岡花子らと出会う

出戻りをした白蓮は監視下に置かれ、挨拶以外ほとんど誰とも口を利かない「幽閉生活」を4年ほど過ごします。やがて勝手に縁談の話を進められたことで家出、23歳の時に東洋英和女学校に編入学します。

「花子とアン」ドラマ上の葉山蓮子が24歳で修和女学校に編入して来ているので、ちょうどこの頃の白蓮が葉山蓮子の初登場の時期と重なります。

白蓮はこの東洋英和女学校で村岡花子と親交を深め、師となる佐佐木信綱(短歌結社竹柏会を主宰した歌人・国文学者)とも出会っています。

政略結婚で福岡へ 身分違いの結婚が話題に

白蓮は女学校卒業後、またしても望まない政略結婚をすることになります(相手は九州の炭坑王・伊藤伝右衛門)。伯爵家の令嬢と労働者上がりの事業家との身分違いの結婚は、当時世間の大きな話題ともなりました。しかしこの結婚もまた、相手方の複雑な家庭環境などにより白蓮にとって苦悩にまみれたものとなります。

白蓮はこうした結婚生活の苦悩、生きる孤独を短歌として吐き出し、やがて福岡社交界や歌壇界で多くの人々と交流する事となり、幅広く活躍するようになります。

▼伊藤伝右衛門についての記事。
「花子とアン」蓮子の見合い相手・嘉納伝助のモデルは九州の炭坑王・伊藤伝右衛門
九州の石炭王・嘉納伝助を演じる吉田鋼太郎は「半沢直樹」の内藤部長

宮崎龍介との逃避行「白蓮事件」 葉山蓮子様も…

「花子とアン」の物語は、基本的に実在の村岡花子と周囲の人々の人生を下地にしながら、そこに数多くのフィクション、創作エピソードを挿入する事でストーリーが構成されています。仲間由紀恵が演じる葉山蓮子も、柳原白蓮の壮絶で恋多き人生を下地にして人物像が創られていきます。

白蓮は九州の炭坑王との生活に嫌気が差し、社会変革を夢見る7歳年下の青年・宮崎龍介と道ならぬ恋へと突き進んでいきます。この二人の逃避行は「白蓮事件」として知られ、林真理子により小説にもなっています。

▼白蓮と宮崎龍介との道ならぬ恋、逃避行で知られる「白蓮事件」を描いたのが「白蓮れんれん」。作家・林真理子はこの作品で第8回柴田錬三郎賞を受賞 。

葉山蓮子もまた、望まぬ結婚から逃れるように若い青年と恋に落ち、逃避行をすることになります。

筑豊の石炭王・嘉納伝助(吉田鋼太郎)と望まぬ結婚をした蓮子は、東京・銀座のカフェーで革命を夢見る年下の青年・宮本龍一(中島歩)と出会い、道ならぬ恋に落ちていきます。この宮本龍一が、「白蓮事件」の相手であった宮﨑龍介に相当します。

ドラマでは、成り上がりで豪快な嘉納伝助とインテリで繊細な宮本龍一という二人の男が、蓮子を巡り騒動を起こします。

「白蓮事件」は当時の日本の世間を大いに騒がせた出来事。センセーショナルな恋の逃避行がどこまで描かれるのか。年下の男との恋を仲間由紀恵がどう演じるのか、楽しみです。

※白蓮が伊藤伝右衛門と暮らした福岡の「旧伊藤伝右衛門邸」(福岡県飯塚市)は、現在観光名所として多くの人で賑わっています。白蓮の空気に触れに行く旅も楽しそう。

宮﨑龍介(宮本龍一)関連記事
「花子とアン」宮本龍一を演じるのは中島歩 美輪明宏に才能を見出された若手俳優
「白蓮事件」宮崎龍介をモデルにした宮本龍一(中島歩)が登場 「花子とアン」第12週

関連記事
宮本蓮子のその後の人生とは?モデル・宮崎燁子(白蓮)は平和活動に従事
白蓮・宮崎龍介(蓮子・龍一のモデル)の子供が辿る人生とは?長男・長女を授かる
白蓮の絶縁状と伝右衛門の反論文 新聞が伝えた「白蓮事件」の内容
「花子とアン」関連書籍まとめ 原作から村岡花子・白蓮の作品まで
「華族」「伯爵」とは?【花子とアン】葉山家を例に地位・身分解説
「旧伊藤伝右衛門邸」(飯塚市)白蓮と伊藤伝右衛門(葉山蓮子と嘉納伝助のモデル)が暮らした家
花子とアン「腹心の友」(bosom friend)=葉山蓮子の元ネタと意味とは?

スポンサードリンク

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

PAGE TOP ↑