【花子とアン】9月1日11時58分、郁弥のプロポーズ直後に関東大震災発生

スポンサードリンク

7月30日(水)放送のNHK連続「花子とアン」より。

「僕は出会った瞬間から、かよさんと結婚すると決めていますから」と周囲に泣けるセリフを漏らしていた村岡郁弥(町田啓太)が、ついに安東かよ(黒木華)にプロポーズを行ないました。

かよの誕生日にプロポーズ しかし「やりすぎ感」が…

郁弥がプロポーズを決行したのが、大正12年9月1日のこと。この日はかよの誕生日でもあります。

昼前にカフェードミンゴに到着した郁弥は、用意した「サプライズ」の音楽生演奏とともに、勤務中のかよにプロポーズをします。

「かよさん ハッピーバースデー!お誕生日おめでとう」

「かよさん あなたは僕の女神です 僕と結婚してください!」

何度も心の中で練習したセリフを郁弥が滞りなく告げると、カフェーの店内からは「よっ!ご両人」と拍手歓声が沸き上がります。

大胆すぎるサプライズ演出にかよは驚き、郁弥に対し「郁弥さんのばかっちょ!」と叫んで店から出て行ってしまいます。これまで人前で脚光を浴びた経験などなかったかよのことですから、恥ずかしさのあまりの当然の反応と言えるでしょう。

どうやら郁弥の気合が空回りしてしまったようです。

以下、プロポーズ以降のネタバレがありますのでご注意下さい。

11時58分、プロポーズ直後に関東大震災が発生

カフェードミンゴにやってきた郁弥は、しきりに時計を気にしていました。彼の腕時計は「午前11時50分」くらいを指していましたね。何故、わざわざ時計の時間を映していたのか…?

大正12年(1923年)9月1日は、あの忌まわしい「関東大震災」が起きた日です。相模湾北西沖で発生したマグニチュード7.9の大地震が日本史上稀に見る激甚被害を引き起こした事は、みなさんご存知のことと思います。発生時刻は午前11時58分32秒。

まさに、かよが「郁弥さんのばかっちょ!」と叫んで店を飛び出した直後のことです。

村岡斎は横浜工場で死亡、郁弥はドミンゴで…

史実によれば、村岡郁弥のモデルである村岡斎(花子の夫である村岡儆三の弟)は福音印刷横浜工場で勤務中に震災に遭い、建物の倒壊により亡くなっています。

これまでドラマ「花子とアン」と史実とは食い違う場面も多く、郁弥も史実の村岡斎とは異なり生き延びるのでは…との淡い期待をしていました。

しかし、残念ながら郁弥もカフェードミンゴ倒壊の下敷きとなり、亡くなってしまうようです。

誠実に想いを伝えてくれた郁弥に自分の気持ちを告げず、その場から逃げてしまったかよ。震災以降、かよはこの逃れられない苦しみと戦うことになります。

▼独身を貫くかよ。やがてかよは戦争孤児と出会い、自身の役割に目覚めます。
【花子とアン】「マリラみたい!」「My time has come at last」かよが言われた言葉の意味

▼「花子とアン」の関東大震災関連の記事です。前途が明るかった花子の周囲の人々にも、震災が暗い影を落とします。
「花子とアン」関東大震災 登場人物安否・生死まとめ
「花子とアン」で関東大震災が発生 村岡花子周辺人物に死者は出る?
【花子とアン】村岡英治のモデル・敬三 関東大震災被害状況、死者まとめ
村岡郁哉のモデル(?)斎(ひとし)の人生 関東大震災が兄弟に落とす暗い影
村岡英治の弟・郁弥 演じるのは劇団EXILE・町田啓太

スポンサードリンク

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

PAGE TOP ↑