紅白歌合戦で「花子とアン・特別編」 絢香「にじいろ」にあわせて吉高由里子、仲間由紀恵が

スポンサードリンク

2014年大晦日に放送される「第65回NHK紅白歌合戦」で、連続テレビ小説「花子とアン」の「特別編」が放送されることがわかりました。

「特別編」ってなに?

この「花子とアン・紅白特別編」ですが、恐らく生放送の舞台劇になると思われます。本編でも脚本を担当した中園ミホが特別に書き下ろし、ドラマを彩った主要キャストが勢揃いするとのこと。

昨年は紅白で「あまちゃん」完結編

紅白歌合戦での朝ドラ・特別編と言えば、昨年の「あまちゃん」のステージを思い出す方も多いでしょう。

本編では叶わなかったユイちゃん(橋本愛)の上京、劇中アイドルユニット「潮騒のメモリーズ」の紅白デビュー、そして小泉今日子と薬師丸ひろ子の夢の共演などを、脚本家・宮藤官九郎が10分ほどの寸劇としてまとめ、書き上げました。

「あまちゃん」本編で描ききれなかった「アイドル物語・完結編」を実際の紅白歌合戦の舞台でやってしまうという斬新さに、驚きの声が上がりました。

吉高由里子、仲間由紀恵、美輪明宏、絢香

「花子とアン・特別編」もまた、紅白歌合戦というエンターテイメント性を生かした演出が期待されます。

すでにヒロインの吉高由里子が紅組司会者として、Wヒロインを演じた仲間由紀恵が審査員として、ナレーションと劇中歌(愛の讃歌)を担当した美輪明宏が白組出場者、主題歌「にじいろ」を歌った絢香が紅組出場者として出場することが発表されています。

主題歌「にじいろ」とともに 終盤には「愛の讃歌」も

発表された曲順リストによれば、「花子とアン・特別編」は絢香が歌う主題歌「にじいろ」とともに展開されるようです。出番は48組中24番目で、ちょうど中間あたり。

劇中歌として話題になった美輪明宏の「愛の讃歌」も、最後から三番目に歌われる見込みです(嵐、松田聖子の前)。ここでも、もしかしたら蓮子を演じた仲間由紀恵との絡みがあるかも知れません。

白鳥かをるこも過大な意気込みを披露

また、白鳥かをるこ様を演じた「ハリセンボン」の近藤春菜が、「是非白鳥かをるこが輝くような特別編を」「かをるこの意外な一面をお楽しみ頂ければと存じます」との鼻息荒い意気込みを発表しています。

以上から、「花子とアン」お馴染みの面々により笑いあり歌ありの楽しいステージになるのではないでしょうか。

紅白歌合戦は12月31日・午後7:15〜11:45まで。紅組司会に吉高由里子、白組司会に嵐、総合司会にNHKの有働由美子アナ。

追記:紅白で演じられた「花子とアン・特別編」の内容、登場人物をまとめました。
花子とアン紅白スペシャルドラマまとめ 主要出演者乱入に吉高も涙

※12月29日(月)には「花子とアン ダイジェスト こぴっと一挙放送!」が半日にわたり大々的に放送されます。翌30日には「花子とアン スピンオフドラマ・朝市の嫁さん」の地上波再放送も決定しています。
2014年末に「マッサン・花子とアン・ごちそうさん」総集編が一挙放送「スピンオフ」も地上波で

関連記事
花子とアン「愛の讃歌」美輪明宏バージョンの歌詞は、蓮子にピッタリ?
「花子とアン」白鳥かをるこ様(ハリセンボン・近藤春菜)は言語矯正会の会長
「花子とアン」スピンオフ「朝市の嫁さん」BSプレミアム・地上波の放送予定

スポンサードリンク

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

PAGE TOP ↑