「花子とアン」では銀熊賞受賞の黒木華に大注目 妹の「安東かよ」を演じる

スポンサードリンク

4月から始まる連続テレビ小説「花子とアン」。「赤毛のアン」の翻訳者・村岡花子の生涯が描かれる女性一代記で、主演の吉高由里子に注目が集まっています。

そんな中もう一人、出演陣の中で注目される女優が居ることをご存知でしょうか。主人公・花子の実の妹役・安東かよを演じる黒木華(くろきはる)です。

黒木華といえば先日、『小さいおうち』で「第64回ベルリン国際映画祭 最優秀女優賞(銀熊賞)」を受賞した赤丸急上昇中の女優。この「銀熊賞」は左幸子、田中絹代、寺島しのぶに続き日本人としては四人目の受賞。否が応にも黒木に注目が集まります。

演劇畑出身の実力派

黒木華は京都造形芸術大学在籍時に野田秀樹の演劇ワークショップに参加。見事オーディションに合格し、NODA・MAPの公演『ザ・キャラクター』に出演し、デビューを果たします。

その後、細田守監督『おおかみこどもの雨と雪』の姉・雪役の声優を務めたり、昨年の連続テレビ小説「純と愛」で純の同期・田辺千香役(普段は大人しいが怒ると関西弁で恐い!嫉妬深い腹黒チカちゃん)を演じ注目を集めています。その他、フジテレビ系ドラマ『リーガルハイ』にもレギュラー出演しています。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

PAGE TOP ↑