村岡儆三(英治のモデル)の兄弟、妻、息子…村岡家・家族構成【花子とアン】

スポンサードリンク

NHK連続テレビ小説「花子とアン」より。

安東はな(吉高由里子)が恋するお相手、村岡英治(鈴木亮平)のモデル、村岡儆三の家族、兄弟についてまとめました。

「花子とアン」劇中において英治の家族は、弟・郁弥(町田啓太)、「カフェーの紳士」として登場していた父・平祐(中原丈雄)、それに結核を患っている英治の妻・香澄(中村ゆり)が登場するのみで、第14週放送現在、他の兄弟や母親等は登場していません。

村岡家は六男二女の兄弟 前妻・幸との間に長男もいた

英治のモデル、実在した村岡儆三は六男二女の兄弟で、儆三は三男でした。父・平吉が経営する「福音印刷」後継者は兄弟のうち、三男・儆三と五男・斎(ひとし)です。儆三には妻・幸と長男・嘉男(いずれも別居)がいました。

以下、儆三と花子が出会った当時の、村岡家の家族構成をまとめました。「花子とアン」の原案である「アンのゆりかご〜村岡花子の生涯」(新潮文庫)を参考にしています。

父・平吉

「バイブルの村岡さん」。横浜最大の印刷会社・福音印刷の創業者で、キリスト教関係者で知らない人はいないと言われた実業家。「花子とアン」では「平祐」として登場。

関連記事
カフェーの紳士(中原丈雄)は村岡父だった 「バイブルの村岡さん」と呼ばれた実業家がモデル

母・はな

腎臓を患い亡くなっている。キリスト教を厚く信仰し、平吉の事業を陰で支えた。

長男・十太

学識は高いが腺病質であり身体は弱い。儆三と妻・幸の長男・嘉男を預かっており、のちに養子として迎え入れる。しかし、十太の体調が思わしくないため、嘉男は雪子の元へと預けられることに。

次男・俊次

横浜・元町のテイラーを営む松野家の養子に。平吉や斎の正装や背広を仕立てる。

三男・儆三

横浜商業高校卒業後、福音印刷に後継者として入社、学者肌。妻・幸は結核により別居。「花子とアン」村岡英治のモデル。

儆三の妻・幸

平吉と仕事上繋がりが有った江川家の娘。長男・嘉男を授かってすぐに結核を患い、儆三と別居。江川父が離縁を申し出ている。「花子とアン」では「香澄」として登場。

関連記事
【花子とアン】村岡英治の妻・香澄のモデル江川幸 息子・嘉男の存在も
村岡英治と妻・香澄(中村ゆり、元YURIMARI)離縁の経緯 不倫ではない?

儆三の息子・嘉男

儆三と幸の間に生まれた長男。儆三の兄・十太の元に預けられ、関東大震災直前に雪子(儆三の妹)のもとへ預けられ、震災で亡くなる。「花子とアン」には登場しない?

四男・昇

豪腕経営者の父に反発。家に縛られる事を嫌う。

五男・斎

福音印刷の後継者、父譲りの実業家肌。明治学院で学んだ後、三年間ロンドンで印刷技術を学んで帰国。三共製薬創業者のひとり、西村庄太郎の次女・巴(ともえ)を妻とするが、後に斎は関東大震災で亡くなる。「花子とアン」村岡郁弥のモデルだと思われる。

関連記事
村岡郁哉のモデル(?)斎(ひとし)の人生 関東大震災が兄弟に落とす暗い影
村岡英治の弟・郁弥 演じるのは劇団EXILE・町田啓太

六男・潔

まだ学生。

長女・淑子(儆三の姉)

士族・佐野精一のもとに嫁いでいる。

次女・雪子(儆三の妹)

水上政五郎という牧師の養女に入っている。関東大震災時には儆三の長男・嘉男を預かっていたが、水上家(雪子・嘉男含む)は震災により全滅。

関連記事
▼登場人物に「モデル」はいるの?
「花子とアン」モデルとなった実在の人物・本名一覧

▼「花子とアン」の登場人物たちは何歳?
「花子とアン」登場人物年齢一覧 はな、蓮子、英治の年齢差は?

▼村岡儆三・花子夫妻の子孫が、このドラマに関わっています。
作家・村岡恵理、女優・村岡希美 「花子とアン」に関わる二人の村岡さん

▼村岡家を襲う関東大震災の悲劇まとめ。
【花子とアン】村岡英治のモデル・敬三 関東大震災被害状況、死者まとめ

▼儆三と花子夫婦にまつわる、三人の子供たち
村岡儆三・花子(英治・はなのモデル)夫婦の子供は何人いた?【花子とアン】
村岡花子の息子・歩が急死 多くの乳幼児の命を奪った「疫痢」の恐怖とは

スポンサードリンク

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

PAGE TOP ↑