作家・村岡恵理、女優・村岡希美 「花子とアン」に関わる二人の村岡さん

スポンサードリンク

NHK連続テレビ小説「花子とアン」の主人公・安東はな(吉高由里子)のモデルとなっているのが児童文学家・作家の村岡花子。ドラマ「花子とアン」には、この村岡花子の血縁にあたる「二人の村岡さん」が関わっています。

原作「アンのゆりかご」著者・村岡恵理

一人目は、「花子とアン」の物語の原案となる「アンのゆりかご~村岡花子の生涯~」を執筆した作家・村岡恵理

村岡恵理にとって花子は「大伯母」(おおおば)

村岡花子(結婚前の本名は安中はな)は村岡儆三と結婚し、1920年に長男・道雄をもうけますが、1926年に道雄は病死してしまいます。

その後村岡夫妻は子宝に恵まれなかったことから、花子の実の妹・梅子の長女・みどり(1932年生まれ)を養子として迎え、育て上げることになります。

この養女・みどり(花子にとっては血縁上、実の姪)の娘が村岡恵理(1967年生まれ)です。村岡恵理は血縁上で言うと花子の大姪、恵理にとって花子は大伯母(おばあちゃん=梅子=のお姉さん)ということになります。(ややこしいですが、戸籍上は村岡恵理は村岡花子の「孫」(※義孫)ということになります。)

村岡恵理は花子と同じ東洋英和女学院卒

村岡恵理は花子と同じ東洋英和女学院高等部を卒業し、成城大学文芸学部に進んでいます。雑誌等のライター・作家として活動しながら、実の姉・村岡美枝(翻訳家、同じく花子の大姪、戸籍上は孫)とともに「赤毛のアン記念館・村岡花子文庫」(東京・大森の花子のかつての書斎、現在は休館中)を公開、運営しています。

「アンのゆりかご~村岡花子の生涯~」
(新潮文庫)「村岡花子と赤毛のアンの世界 – 生誕120年永久保存版」(河出書房新社)「花子とアンへの道―本が好き、仕事が好き、ひとが好き」(新潮社)など、村岡花子に関する著作を多数手がけています。

葉山晶貴の妻を好演した村岡希美

続いて二人目の「村岡さん」は、女優の村岡希美(1970年生まれ)。村岡希美にとって村岡花子は大叔母にあたります。

村岡希美にとって花子は「大叔母」(おおおば)

具体的に誰の娘か等の血縁関係の情報は見つからず…しかし、親族であることは確かなようです。村岡姓を名乗り、花子が血縁上「大叔母」であること(※大叔母は”祖父母の妹”あるいは”祖父母の弟の妻”。大伯母は”祖父母の姉”あるいは”祖父母の兄の妻”。花子は安中家の長女。)から、村岡儆三の兄の孫ではないかと推測します(あってるかな?)。

関連記事
村岡儆三(英治のモデル)の兄弟、妻、息子…村岡家・家族構成【花子とアン】

憎たらしい葉山家の奥さん

「花子とアン」で村岡希美は、葉山蓮子の兄・晶貴(飯田基祐)の妻・葉山園子を演じています。鋭い切れ長の目が印象に残る、あの葉山家の憎たらしい奥さんですね。

花子の親族である村岡希美が葉山家(モデルは柳原家)の妻を演じると言うのも不思議な感じがしますが、その演技はなかなか好評のようです。お金やメンツばかりを重視する葉山家の寒々しい空気感を、ヨソヨソしい演技により見事に醸し出しているように思います。

村岡希美は「劇団ナイロン100℃」に所属し活躍する女優さんで、舞台活動を中心に、映画、テレビにもたびたび登場しています。毎日放送の歴史情報番組「新解釈・日本史」のナレーションとして声に聞き覚えがある方もいるかも知れません。

関連記事
村岡儆三・花子(英治・はなのモデル)夫婦の子供は何人いた?【花子とアン】
村岡英治と妻・香澄の離縁の経緯 不倫ではない?
「花子とアン」葉山蓮子のモデル・柳原白蓮の福岡・飯塚での結婚生活とは
村岡花子作の童話「みみずの女王」の内容が結構ブラック!安東はなの語った物語の続き

スポンサードリンク

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

ごちそうさん ロケ地 視聴率 俳優 ナポレオンの村 ど根性ガエル とと姉ちゃん タモリ倶楽部 ドラマ 真田丸 NHK 朝ドラ アイドル 釣りバカ日誌 あさが来た 食文化 まれ 花燃ゆ あまちゃん マッサン 下町ロケット 女優 醸造 ひよっこ 歴史 天皇の料理番 信長協奏曲 サブカル ブラタモリ 東京都北区赤羽 音楽 地域文化 美女と男子 映画 べっぴんさん 大阪 軍師官兵衛 やすらぎの郷 花子とアン ヒストリア
PAGE TOP ↑